広告

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ ハードウェア・OS | 日記

プログラムの削除

0
    プログラムの削除 著 者: 野田 葵

    パソコンが動作重く、また固まりしますか。空き容量不足でもないのに、なぜプリーズするんでしょうか。それは、恐らくメモリ消費の原因でパソコン固まったりします。この場合は、プログラムの削除を行う必要があります。
    不要なプログラムとは
    パソコン使ううちに、ソフトウェアをインストールしたり、ユーティリティーツールを導入したりします。その中、長い間使わないプログラムや、バックグラウンドで実行するアプリケーションなど、ディスクの無駄に使うとメモリ消費になるため、削除対象となります。
    プログラムの削除
    定期的にプログラム一覧を監査して不要なプログラムは削除しましょう。だけど、プログラムの削除はフォルダー削除と違って、直接ファイルを消しても、レジストリに記録されたインストール情報が残してしまいます。プログラムの追加と削除には削除したはずのアプリケーションがまだ載っています。また、削除したファイルにはシステム作動に関わる部分が含まれていたので、不具合が起きます。
    正しい手順でプログラムの削除を行う
    1、 手動でプログラムを削除する
     屮廛蹈哀薀爐筏’宗廚鮖箸辰謄廛蹈哀薀爐鮑鐔
    スタート→コントロールパネル→「プログラムと機能」一覧でプログラムを選択し、「削除」をクリック

    ▲廛蹈哀薀爛侫ルダを確認して、付属している専用のアンインストーラを使って、プログラムを削除

    一部のプログラムはアンインストーラが付属していないとか、また、「プログラムと機能」で削除を行うとエラー表示されるとか、プログラムの削除がうまくできない場合、Registry Winnerを推薦します。
    「スタートアップの管理」と「アンインストールの管理」が用いたRegistry Winnerはパソコンにインストールされたプログラムを全部検出することができます。「削除」ボランをクリックすれば、プログラムをきれいに削除できます。また、このワイズクリーナーは無効なレジストリを削除できますので、プログラムの使用痕跡も残らず消させます。
    また、不具合が起きないため、作業前、Registry Winnerのバップアップ機能で復元ポイント作るのをすすめます。

    プログラムの削除:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

    ブルースクリーン解消――レジストリ復元

    0
      ブルースクリーン解消――レジストリ復元 著 者: パソコン屋

      ブルースクリーンとは文字通り青い画面です。その画面には白い英文字でエラーの内容やエラーコードが書かれています。またマウスやキーボードの操作を一切受け付けず電源ボタンを押し、強制終了を余儀さくされます。
         ブルースクリーンを防ぐためには、まずその起こした原因を知らなければなりません。ブルースクリーンの原因は多岐にわたっています。
         しかし原因を大別するなら、ハード的な問題とソフト的な問題になります。
      ブルースクリーンのハード的な原因
         ハード的な問題はハードデイスク、メモリ、ビデオカードにわける。
         たとえば、メモリエラーやビデオカードのドライバエラーなどがブルースクリーンを起こしやすいようです。
         そういう問題にあった時は修理店に行くしかないのです。
         ブルースクリーンのソフト的な原因
         ソフト的な原因は主にレジストリエラーです。そして同時に複数のビッグプログラムが起動しているのもブルースクリーンを起こせます。
      ソフト的問題はたまには再起動して直れますが、一番面倒くさいやり方は操作システムを再構築することです。
         実はこんないい方法があります。正常に作動する時のレジストリをバックアップすればいいのです。なにかの問題が起こったら、そのバックアップしたレジストリをリカバリすればいいです。
         ここでそのレジストリをバックアップできるソフトをひとつ紹介させていただきます。
         レジストリクリーナーです。これは安全なPC最適化のソフトで、ブルースクリーンを最初から食い止めます。そしてパソコンレジストリエラーの修復やメモリの最適化などを通じて、パソコンを最適化することができます。
         詳しくはレジストリクリーナーへ
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      ブルースクリーン 対処

      0
        ブルースクリーン 対処 著 者: 坂本

        Windows起動すると、画面がブルースクリーンになったり、また、パソコンを使う最中、ブルー画面が突然出て来たりしませんか。このアーティクルは有効にブルースクリーン対処できる方法を紹介します。

        ブルースクリーンとは?
        ブルースクリーンまたシステムクラッシュとはブルースクリーンオブデスのことです。Microsoft Windowsがクラッシュ、稼働不能になって、ブルースクリーンが表示された時です。

        ブルースクリーンの原因
        ブルースクリーンの発生でWindowsが作動不能な状態になったと思われていることは大間違いです。プログラムの履歴とデータ検査によって、Windowsがクラッシュが起こしたからこそブルースクリーンが出てくるのです。

        ブルースクリーンの対処方法
        ウィルスの被害でブルースクリーンが発生する状況は多かったです。すると、ブルースクリーンが出て来た場合、まず、システムがウィルスに侵入されいたかどうか確認するのです。ウィルス対策ソフトが何も見つかなかったら、パソコンを再起動してみます。

        パソコンが再起動してから、またブルースクリーン、システムスラッシュが起こしたら、それはレジストリに問題があったからです。

        こう言う場合、パソコンがレジストリークリーナーを導入する必要があります。なぜなら、レジストリエラーは普通手動で修復できないのです。すると、この受賞したベストレジストリクリーナーRegistry Winnerを無料タウンロードするのを推薦します。

        「スキャン&クリーン」機能によって、レジストリセクション全般をスキャン済み、ほぼ全部のエラーを数分間で検出することができます。修復作業をこなせば、レジストリとWindowsシステムを完璧に最適化されます。そして、ブルースクリーンが発生することや、システムクラッシュすることなどの問題を解決できて、高速なパソコン稼働を体験できるようになります。

        他のレジストリクリーナーと異なって、Registry Winnerはより迅速で効果的にエラー検査と修復を完了します。それに、レジストリクリーナーだけじゃなく、Registry Winnerは多数の機能を持ち、パソコンパフォーマンス低下を改善できる便利なツールです。パソコンがサクサク働くことを望んでいる方なら、ぜひRegistry Winnerを使ってみてください。
        詳しい情報はこちらへ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

        ブルー スクリーン

        0
          ブルー スクリーン 著 者: 野田 葵

          ブルー スクリーンとはパソコン画面が真っ青になり、白い文字の警告が表示される状況になることです。故に、ブルー スクリーンの別名は青画面です。Windowsが深刻なダメージを負わないようにブルー スクリーン画面が出てくるのです。つまり、青画面が出るのはWindowsが何かのトラブルがあったからです。

          ブルー スクリーンが出る原因はいろいろにあります。大抵の場合、重要なファイルやデータが欠けている、レジストリデータの故障、ハードディクスまた周辺機器のトラブルが主な原因となります。

          ブルー スクリーン画面になった場合、普通再起動を行って解決できますが。もし、何度も同じエラーが発生するなら、システムに存在するトラブルを解決しなければなりません。けれど、青画面に表示された文字を読んでも、問題はどこにあるかはっきりしていませんし、システム修復やレジストリ操作など、パソコン上級者でなければ、あまり勧めません。

          再起動しても、またブルー スクリーンが発生する場合、Registry Winnerを推薦します。

          Registry Winnerは高度なスキャンにより、システムの問題点を正確に見つけ出せます。このツールは専門的にレジストリを修復及び削除することができます。高速なスキャンを済んだとたん、全般的審査結果を一覧に表示されて、ユーザが問題点をチェックすることと、作業対処を選ぶことができます。マウスクリックの間、無効なレジストリデータや他の疑点のある項目を削除して、パソコンのパフォーマンスを徐々に上がって来ます。別の同種ソフトに優れたところはRegistry Winnerが軽くて使いやすいです。また、Registry Winnerの作業中、Windowsシステムの実行に影響与えません。そして、この機能全般なツールはブルー スクリーンの問題だけではなく、IE不調やソフトウェア管理不能やPCフリーズなども簡単に対策できます。それに、三つのバックアップ機能が含まれいて、より安心に操作することができます。

          定期的にRegistry Winnerを使えば、パソコン速い動作をキープできます。
          ホームページ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
          アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

          ファイル 削除できない

          0
            ファイル 削除できない 著 者: ireku

            HDDの容量を考えて、データを整理しますが、時々、削除できないファイルが出てきます。ファイルが削除できない上に移動するなど、ファイル操作ができなくなります。これは、何らかの理由でファイルが破損していたからです。ファイルが破損すると、システムがファイルの情報を読み取れなくなるため、ファイル操作や、ファイル削除などができません。
            ファイルが削除できない場合の対策法
            1、 ゴミ箱に捨てる
            2、 同名のファイルで上書きした後、ファイル削除
            3、 コマンドプロンプトを実行して、ファイル削除
            4、 再起動して、セーフモードに切り替え、ファイル削除
            5、 ファイル名或いは拡張子を書き換え、ファイル削除
            6、 ディスクプロバティーでエラーチェックを行った後、ファイル削除

            以上の方法で削除できないファイルだとしたら、強力なファイルクリーナーを使って、不要なファイル、削除できないファイルなどを全部きれいに片付けましょう。
            ステップ1
            Registry Winnerを導入済み、起動
            ステップ2
            「スキャン&クリーン」機能を選択
            ステップ3
            「ファイルの完全削除」をクリック、削除対象のファイル或いはフォルダーを追加
            ステップ4
            三種類のシュレッダーから、やりたい種類をクリック
            ステップ5
            ツール終了

            以上の手順によって、削除できないファイルをこなこなにして、完全削除します。シュレッダー機能で削除したファイル、データは復元することができなくなるため、プライバシー保護にも応用されます。人に見られたくないファイルが普通にゴミ箱に捨てても、復元させる可能性が高いですが、Registry Winnerの完全削除機能で行うファイル削除がより徹底、安全にデータを消去することができます。
            また、このワイズクリーナーはレジストリ削除機能が含まれていて、レジストリのゴミファイルや、レジストリエラーの原因で削除できないファイルなど、全部解決することができます。
            Registry Winnerはファイル削除、エラー対策などの機能万全なツールで、全体的にパソコンパフォーマンス低下を改善させます。


            もっと詳しい情報はこちらでご覧ください:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
            アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

            パソコン重い解決――Windows高速化

            0
              パソコン重い解決――Windows高速化 著 者: 1q84

              パソコンが重くなったらどうすればいいのですか。パソコン重い面においては特に起動時間が長い。いろんな手を使っても効かなかった場合が多いでしょう。周りにもパソコンに上手な人がないし、放っとくのも行けません。どうしますか。
                まずはパソコン重くなる原因を説明させて頂きます。
                パソコンの起動が大体以下の三つに集約されます。
                1つ、スタートアップが多すぎる。
              つまりWindows起動時に一緒に立ち上がるソフトが多すぎる。普段画面に出てこないけどスタンバイしているソフトのことです。そのようなソフトが多くなれば起動時間が長くなり、パソコンが重いようになってしまいました。
                2つ、レジストリのごみや不要なものが多い。
              毎日パソコンを使用している時、大量の情報がレジストリに書き込まれて段々増大したのです。いろんなレジストリエラーが生じてきたのです。これもパソコンの使用にも大きい影響を与えたんです。それでパソコンが重くなりました。レジストリクリーナーがあれば修復できます。
                3つ、パソコンの仮想メモリが足りない。
              特にvistaを使ったパソコンにとって、多きいメモリが要求されます。複数のプログラムを同時に起動していたり、サイズの大きいデータを読み込んだりする場合には、メインメモリーだけでは、メモリが足りないという問題が出てきます。仮想メモリーによって、メインメモリーの容量を超えるデータが扱えるようになります
                パソコンでその仮想メモリを設定することができますが、どの程度増やせばよいかです。仮想メモリーは、多ければ多いほどよいというものではありません。
                 ここでひとつのパソコンのソフトレジストリクーナーを強力推薦します。
                レジストリクリーナーはパソコン重いの問題を数分間で解決できます。このソフトがパソコンのスタートアップを管理できるだけじゃなく、仮想メモリが最適化することとレジストリをクリーンすることもできます。
              レジストリクリーナーの使い方も安くて、友好な画面を持っているので、パソコン知識を知らなくても利用できます。
              アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

              パソコン最適化

              0
                パソコン最適化 著 者: 野田 葵

                「パソコンの最適化とは何ですか。」「パソコンに最適化の必要があるでしょうか。」「必要なら、どうやってパソコン最適化できますか。」などの疑問は、恐らくパソコン最適化を聞いて最初に頭に浮かんでしまいます。これから、パソコン最適化についてわかりやすく説明してもらいます。
                パソコン最適化とは、簡潔に言えば長いお使いで不安定なパソコンの動作を元に戻すことです。
                パソコンが不調になる原因はとこですか。
                まずは、ディスクにファイルの書き込みと削除を繰り返すと、ディスク内の連続した空きスペースがフラグメントで少なくなったため、ファイルの分割保存作動が増えました。これらの作動により、システムの処理量が増大して、パソコンが重くなったと感じます。
                それに、パソコンが長く使うとレジストリが記憶したデータ数も肥大化し、どんどん低速化になります。パソコンの調子を戻すには最適化が必要となってきます。けど、低速化を回避できそうにないで、解決法を探すしかありません。
                ところが、解決法がたくさんあるし、どれが一番適しているか分別できません。それに、どっちの操作も細かすぎて読む気も無くしました。手動操作が嫌なら、パソコン最適化できるソフトを推薦します。
                Registry Winnerはシステムの最適化、設定や、ディスク容量の確保や、レジストリクリーンナップなど機能万全なパソコン最適化ツールです。
                Registry Winnerで、高速なスキャンして、パソコンを全般的に診断することができます。問題点を見つける次第、適用な解決方法を提供して、パソコン性能を最適化し、より安定に作動できます。
                この軽いソフトはパソコン最適化だけではなく、ブルースクリーン、デッドロック、システム崩壊などのパソコントラブルにも簡単に解決するとこができます。 
                このツールは初心者向けのソフトで、界面の指示にしたがって、簡単な作動することで、トラブルを解決できます。また、コンピューター上級者にも時間節約的にパソコンを最適化することが可能です。

                詳細情報はこちら: http://jp.newpccleaner.com/
                アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                パソコンHDDクラッシュによるデータ復旧が不要になるバックアップ方法!

                0
                  パソコンHDDクラッシュによるデータ復旧が不要になるバックアップ方法! 著 者: 赤池和明

                  詳細は下記サイトをご覧ください。
                  http://ebook.miraiya.org/HDD-2/top/
                  http://ebook.miraiya.org/HDD-1/top/

                  ご質問等ございましたらコチラからお願いいたします。
                  http://www.formlan.com/form2/aka123456/


                  あなたは面倒なパソコンHDDのバックアップを定期的にしていますか?

                  パソコンは突然ご臨終を迎えます!

                  特にHDDクラッシュによるご臨終の場合、あなたの貴重なデータは消滅するのです。

                  だから常日頃HDDのバックアップをしておき、いざというときに備えておくのです。



                  はじめまして、『パソコントラブルアドバイザー』の赤池と申します。

                  本著では究極とも言えるデータバックアップ方法をあなたに提供します。

                  この究極のバックアップ方法で、あなたはHDDクラッシュという恐怖から解放されるのです。




                  突然のパソコンご臨終とは!

                  温度・湿度・振動環境の良い場所で使用すれば、寿命は5年前後です。

                  ところが、衝撃・停電・高温・多湿・低温等による強制劣化により大往生できないケースがほとんどです。

                  最悪のシナリオとしては、HDDのバックアップ最中に衝撃を受けたり停電になった場合ですが、バックアップメディアも含めて完全にデータを消滅させ貴重なデータが復旧できなくなる事です。

                  物理的にHDDが破壊されてしまうのです。


                  HDDが破壊されるのは稀なケースでしょうか?

                  いいえ、稀なケースではありません。

                  そのため企業ではこのリスク対策をしています。

                  サーバーのミラーリングによるバックアップを行い、さらにバックアップメディアの複数場所保管をしています。



                  しかし、これでも完璧ではありません。

                  最悪1ヶ月前のデータまでしか復旧できないし、地震被害によってはバックアップメディアの破損により復旧できない可能性もあります。



                  ところで、あなたのパソコンについてはいかがでしょうか?

                  外付けHDDにパソコン本体のHDDのバックアップをしているのが普通の姿だと思います。



                  パソコンの構成は?

                  パソコンはハードウェアとソフトウェアで構成されています。

                  ハードウェアは主として筺体・ファン・電源・マザーボード・HDD・キーボード・マウス・ディスプレイで構成されています。

                  この中で寿命の短い部品としてファンモーターベアリング摩耗によるファンは1年、電解コンデンサ容量抜けによる機能不全を起こす電源・マザーボードは5年の寿命です。

                  またHDDは高速回転するガラスディスクに1/1000mm以下の距離で磁気ヘッドによりデータの読み書きをします。

                  従って高速スピンドルモーターにより寿命が決まるのですが、強い衝撃を受けるとディスクとヘッドが衝突してディスクが割れてしまうのです。

                  一方ソフトウェアはオペレーティングシステム・アプリケーションソフト・データで構成されています。

                  ハードディスクが破損した場合、オペレーティングシステム・アプリケーションソフトは再インストールにより復旧できますが、データはバックアップデータが無いと復旧できません。

                  だから、データは必ずバックアップしておく必要があるのです。



                  パソコンの問題点とは

                  必ず寿命があり、特にHDDクラッシュによるご臨終の場合、貴重なデータ消滅という事態になります。



                  原因として

                  精密機器のため、衝撃・停電・高温・多湿・低温等による強制劣化によりHDDが物理的に破損するからです。



                  解決方法は

                  定期的にHDDのデータをバックアップすることです。



                  そこであなたに究極のバックアップ方法を提供します

                  企業のサーバーバックアップ対策より、より安全で簡単なバックアップ方法を提供します。

                  この内容は私が実際に構築しているバックアップ方法です。

                  具体的には無料オンラインストレージと安価な海外VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)で構築しています。

                  ひんぱんに更新する仕掛りデータは同期オンラインストレージに保管し、オンラインストレージ上でデータ更新を行い、データのアップロードやダウンロードを不要としています。

                  ひんぱんに更新しないデータは大容量オンラインストレージに保管するので、バックアップメディアが不要となります。

                  また海外VPSの日本語化により、日本語ソフトをインストールして24時間1年中FX投資をしています。

                  あなたは24時間1年中稼働する壊れないサーバーを海外に設置する事ができるのです。
                  アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                  パソコン作動 ゴミファイル削除について

                  0
                    ゴミファイル削除について 著 者: 野田 葵

                    ゴミファイル削除について 著 者: 野田 葵

                    あなたのパソコンにゴミファイルがたくさん存在すると、ハードディスクのスペースが減ってしまいます。そして、パソコン作動がだんだん重くなります。

                    ゴミファイルの作成を避けることができますか。

                    答えはできません。ゴミファイルはWindowsシステムの作動するとともに作成されますので、Windowsシステム実行するにはゴミファイルの作成は避けられないのです。

                    どんなファイルは不要なファイルですか。

                    それは、IEキャッシュファイルや、一時的なファイルや(例えば:*.tmp, *._mp, *.gid, *.chk, *.old, *.bak等等)、そして破損したファイルなどのです。一時的なファイルの容量は100MB以上超える場合もあります。そうすると、高速にネットサーフィンしたいなら、定期的にゴミファイルを削除することが必要です。

                    どうしたら今すぐにミファイルを削除できますか。

                    Registry Winnerを使ってください。Registry Winnerをインストールして、スキャン&クリーナー下の項目「不要アイテムクリーナー」を選んで、「スキャン開始」ボタンをクリックします。たっだ一分間で、この性能高いソフトがすべてのゴミファイルを検出および削除するとこができます。

                    私がいろいろな方法を経験しました。でもRegistry Winnerは別のソフトに比べてより早く、効果的、そして使いやすいです。他のプログラムの実行に影響を与えません。あなたもこの便利なツールをダウンロードして使ってください。

                    ホームページ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/あなたのパソコンにゴミファイルがたくさん存在すると、ハードディスクのスペースが減ってしまいます。そして、パソコン作動がだんだん重くなります。

                    ゴミファイルの作成を避けることができますか。

                    答えはできません。ゴミファイルはWindowsシステムの作動するとともに作成されますので、Windowsシステム実行するにはゴミファイルの作成は避けられないのです。

                    どんなファイルは不要なファイルですか。

                    それは、IEキャッシュファイルや、一時的なファイルや(例えば:*.tmp, *._mp, *.gid, *.chk, *.old, *.bak等等)、そして破損したファイルなどのです。一時的なファイルの容量は100MB以上超える場合もあります。そうすると、高速にネットサーフィンしたいなら、定期的にゴミファイルを削除することが必要です。

                    どうしたら今すぐにミファイルを削除できますか。

                    Registry Winnerを使ってください。Registry Winnerをインストールして、スキャン&クリーナー下の項目「不要アイテムクリーナー」を選んで、「スキャン開始」ボタンをクリックします。たっだ一分間で、この性能高いソフトがすべてのゴミファイルを検出および削除するとこができます。

                    私がいろいろな方法を経験しました。でもRegistry Winnerは別のソフトに比べてより早く、効果的、そして使いやすいです。他のプログラムの実行に影響を与えません。あなたもこの便利なツールをダウンロードして使ってください。

                    ホームページ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                    windowsエラーと対決

                    0
                      エラーと対決 著 者: 野田 葵

                      パソコンが重いだと感じたことがありますか。今は、その通りだと困っていますか。デッドロック、ブルースクリーン、フリーズ、クラッシュなどに悩んでいますか。パソコンの悪い稼働の理由を知りたいですか。あなたが心配している全てのトラブルの原因はwindowsエラーです。でも、windowsエラーによる発生した問題は、一つ強力なソフトウェアで修正できます。それは、Registry Winnerです。
                      Registry Winnerは、受賞したwindows管理ツールで、今ではベストセラーで、好評に恵まれていて、パソコンの作動を遅くさせるwindowsエラーを修正することができます。この警戒高いソフトを稼動し、高速で安全にスキャンした後、すぐwindowsエラーの検出と修正を行われます。簡単なクリックする間に、パソコンの状態をレベルアップさせます。windowsエラーの修正を完成することで、PCの動作が確実に高速なれますよ。
                      先端的なサポートと最善なプログラムの利点が持つRegistry Winnerは、windowsエラーの修正にとっては理想的なツールだと思います。このソフトは簡単にシステムを最適化し、潜在的なリスクを排除することができます。ほかのソフトに超える、優秀なところは、スキャンは全面的で早くて、そして、他のプログラムの作動に影響を与えません。それに、エラー修復するのはとても簡単で使いやすいです。
                      Registry Winnerは、使用者の方々に評価が高くて、特にwindowsエラーの修正にはとても役に立てると思っています。たくさんの使用者は友たちにこのソフトウェアを推薦しました。そして、きっとあなたを失望させません。
                      Registry Winnerみたいな、windowsエラーの修復するに効果的なソフトウェアが欲しかったです。windowsエラーでのトラブルが多くて、ホントに困りました。このソフトを使うまで、いつもエラー発生し続けていましたが、今は、新品のように稼動し、デッドロック、ブルースクリーンなど二度と起こすことはありません。
                      ホームページへ
                      http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                      << | 3/5PAGES | >>

                      PR

                      無料メルマガ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM