スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.01 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    水は、あなたの美と健康のすべての基本!!

    0
      水は、あなたの美と健康のすべての基本!! 著 者: 美健通信

      たっぷりの水分を毎日欠かさず取ることは、基本中の基本です。

      食べ物だって、お花だって、水分がなくなればひからびてしまい、
      見るも無残になってしまいますよね?
      もしあなたが、体が必要とする十分な水分を取れてないとしたら・・・・

      あなたの体中いたるところが、
      ひからびた食べ物やお花と同じような状態になってしまいます。

      そんな事考えたくないですよね・・・
      そんな恐ろしい事になる前に、ここでお水についてしっかり学びましょう!!


      ☆お水は少なくとも1日に2リットルは飲みましょう!!

      特に、カルシウムやカリウムのたっぷりと入ったヨーロッパの硬水がお勧めです。

      日本のお水は軟水ですが、ヨーロッパのお水は、
      ほとんどがカルシウムやカリウムがたっぷりと入った硬水です。

      エヴィアンやボルビック、コントレックス、ヴィテルなどが特にお勧めです。

      世界中の女優さんやモデルさんも、
      美のために毎日欠かさずミネラルウォーターを、2リットル以上飲んでいます。

      硬水を飲むと、食べ物からとらなくとも、
      カルシウムやカリウムをお水から摂取する事ができます。

      これは、うれしいですよね!!

      お水からカルシウムやカリウムを摂取できれば、
      お肌もツルツルピカピカになります。

      そして、硬水を飲んで1番うれしい効果は、便秘解消効果です!!
      硬水に含まれている成分のおかげで、便秘が解消されます!

      また、エヴィアンやコントレックスを化粧水代わりに、
      お肌に塗っても、気持ちがいいですよ!!

      気分もリフレッシュされますし、硬水のおかげで、
      あなたのお肌がきれいになって透明感が出てきます!!


      ☆のどが渇いたと感じる前に、お水は飲みましょう!!

      のどが渇いたと感じた時は、もうすでにあなたの体の水分は、
      かなり不足している、要注意の段階です!!

      そうなる前に、こまめに水分は補給してください!!


      ☆熱中症対策には?

      夏の暑い時期には、熱中症が怖いですよね?

      熱中症対策には、自分で特製ドリンクを作って持ち歩きませんか?
      お水に、梅干2分の1個と、はちみつを加えるだけです。

      梅干の塩分とはちみつの糖分で、
      さわやかな自家製スポーツドリンクの出来上がりです!!

      飲み物を買う必要もないので、プチ節約にもなりますね!!


      ☆寒い時にあなたを助けてくれる、ドリンクはこれです!!

      今度は熱中症の反対で、寒くて冷えて仕方がない時にはこれです!!

      お湯の中に、黒砂糖としょうがの絞り汁を入れてください。
      しょうがを切ったものを、そのまま入れても結構です!!

      これで最強の、ぽかぽかぬくぬくドリンクの出来上がりです!!

      これさえ飲めば、もう冷え性や寒さなんて関係なくなるほどに、
      体が温まってくれます!!

      女優の藤原紀香さんは、1年中この特製ドリンクを飲んでいるそうです!!

      お水はあなたにとって、美容にも健康にも最高の味方なのです。
      もっと、お水について詳しく知って、さらに元気に美しくなりたいですね!!


      ★☆★☆★☆ 美 健 通 信 ☆★☆★☆★

      〜役立つ美容・健康情報が盛りだくさん〜
      美健通信はこちら → http://bi-ken.info/

      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      朝食を抜かない理由

      0
        朝食を抜かない理由 著 者: 中山 舞子

        す。まず最初に、私は空腹感で目が覚めます。おそらく、ひりひりすうような空腹の痛みなしに起床する人々は、実際朝食をとるべきかどうかを考えてしまうでしょう。しかし、私はそういった人々とは違うのです。私は空腹感で起きる。だから食べるのです。

        もし朝食をとることが貴方にとって自然なことでなければ、朝の習慣について考え直したいかもしれません。研究結果によると、毎朝朝食をとる人々は、より多くの幸福感を感じ、健康で、さらには賢いと示されています。常に反対の証明がされる他の健康、幸福、知能研究とは異なった方法で、貴方は反朝食派を懸命に見つけようとするでしょう。実際、かなり確実に言えることですが、朝食が一番であるということは誰もが賛同していると思います。以下に理由を挙げます。

        朝食の健康効果
        • 実際に朝食を抜く人は、朝食をきちんと毎日食べる人よりも過重であることが多いのです。これは直感的には異なるように思われますが、その理由はシンプルなものです。つまり、朝食を抜くと、その後より多く食べたり、空腹感を感じたときに募る欲求に負けがちになります。そうしたときに食べてしまうのは、たいてい脂肪分に富んだものや糖分の多い食品です。
        • また、食事を抜くと、体は飢餓モードに切り替わり、代謝が休止状態となります。食料が体に取り込まれるとすぐに(1日の後半に)、体はそれを歓迎し、冬の間食べ物を探し回るリスのように次の食事がいつになるかが分からないため、最終的には貪欲に体内にそうした食料を蓄えるようになります。すると、体は代謝の代わりに脂肪として食料を貯蔵し、燃料として使います。そのため、体重が増加するのです。
        • 研究によると、健康的な朝食を摂ることで、癌や糖尿病、心疾患、脳卒中といった生命を脅かす病気のリスクを減少させることが証明されています。朝食を摂ることにより、免疫システムが強化され、風邪やインフルエンザにかかる可能性が低くなります。

        朝食による精神的効果
        • 空腹は、記憶や集中にマイナス効果をもたらします。同様に、健康的な食事をお腹いっぱい食べることで仕事や様々な活動、食べ物とは関連のない思考に集中できるようになるでしょう。このことは学校に通う子ども達、さらには仕事に集中する必要のある大人にとって重要です。―健康的な朝食は非常に効果的と言えるでしょう。特に、朝食をいつも食べる人は、多動性障害(ADDやADHD)となる確率が低いのです。

        また、朝食を食べることで、どうして人は幸せを感じるようになるのでしょう?よく聞いていませんでしたか?貴方はやせるでしょう。消化器系や代謝系はよりスムーズに働くようになるでしょう。重要な仕事に対して高い記憶力と集中力を発揮できるようになることは言うまでもなく、学校の勉強や仕事に集中できるようになるでしょう。研究結果は、朝食を食べる人は不安やうつに苦しむリスクを減少させるとさえ証明しています。

        朝食を食べる人は、一言で言えば、幸せな人なのです。今こそ、朝食を習慣とするチャンスだと思いませんか?

        ダイエットや健康に関する詳しいことはこちらをクリック
        http://jp.pro-medics.com/diet-pills/

        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/
        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

        昆布の栄養について

        0
          昆布の栄養について 著 者: 佐久間 浩之

          昆布は“海の野菜”と言われるほど

          各種ビタミン、ミネラル、食物繊維を

          豊富に含んでいる食品です。


          昆布にはいくつかの食物繊維が豊富に含まれ、

          中でも“フコイダン”という水溶性食物繊維は

          ガンを自滅させるはたらきがあると報告されていて、

          血糖値を低下させる作用もあるすぐれた成分です。

          また、体内のリンパ球を活性化させ、

          免疫の向上や滋養強壮にも効果的です。


          同じく昆布に含まれる水溶性食物繊維の一種で、

          昆布のぬめりのもとになっている“アルギン酸”は、

          大腸の働きを活発にして便通を促す働きがある。

          便通が順調になることによって、

          コレステロールや腸内の有害物質が体外に排出され、

          大腸がん・動脈硬化などの病気の予防に効果的だ。


          また、昆布には“フコステロール”という成分が含まれています。

          これは植物性ステロールという脂質の一種で、

          コレステロール値を下げる働きがあります。

          よって、脂肪の多い肉や卵を食べる際、

          昆布を一緒に摂ると、コレステロールの排出が促されて

          動脈硬化の予防や中性脂肪の減少に役立ちます。


          さらに昆布には、強い抗酸化作用で

          老化や動脈硬化を予防する“カロテン”

          余分なナトリウムを体外に排出し

          むくみ改善に効果的な“カリウム”が含まれています。


          また昆布のうまみ成分である

          アミノ酸の1つ“アラニン”は血圧を下げる作用があり、

          同じく昆布のうまみ成分で、

          アミノ酸の一種である“グルタミン酸”は

          脳の機能を活性化させ、ボケや痴呆の予防効果があります。


          さらに“カルシウム”が豊富に含まれているなど、

          昆布には人体に有益な栄養素が

          豊富にバランス良く含まれています。


          そして、昆布に含まれる様々な海洋ミネラルの中でも

          “ヨウ素”と呼ばれる成分は海藻類の中で最も多く、

          その薬理効果が期待されています。


          ヨウ素は甲状腺ホルモンの原料で、

          ホルモン量を正常化したり、

          基礎代謝を活発にしたり、交感神経に作用して

          たんぱく質や脂質・糖質の代謝を促進する働きがあります。


          また、血中コレステロールの低下や、美肌効果、

          老化予防などにも役立ちます。


          ただし近年では、ヨウ素の過剰摂取により、

          甲状腺腫、甲状腺中毒症といった

          過剰症が起こるとされています。

          しかし日本人は、古くから海藻を食しているため、

          ヨウ素の過剰摂取のリスクが発現しにくい民族であり、

          さらに、世界的に見れば、

          ヨウ素は人の摂取する栄養素の中でも欠乏の多い成分で

          むしろヨウ素不足による甲状腺の肥大、

          甲状腺腫などが懸念されています。

          昆布などの海藻を常食する日本人の場合は、

          過剰にも欠乏にもほとんどなりません。


          ちなみに昆布は梅干しと相性が良く、

          昆布と梅干しを一緒に煮たものは、血圧を下げ、

          動脈硬化を防ぎ、肥満予防の効果が あるとされ、

          日本では古来から食されてきました。

          食滝にこうした料理をしばしば出すことで、自然に血圧も下がり、

          体のだるさも取れ、夏バテ予防にもなるそうです。


          +…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―+
          発行者:佐久間 浩之
          サイト:フーディン 〜おいしいグルメライフを提案するサイト〜
          URL:http://home.h00.itscom.net/foodin/
          ページ:http://home.h00.itscom.net/foodin/CCP022.html
          +―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―……―+
          ※ページの内容は時期により異なる場合があります。
           ご了承くださいませ。
          アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

          抹茶の栄養価について

          0
            抹茶の栄養価について 著 者: 佐久間 浩之

            抹茶は新芽を蒸して、揉まずに乾燥させ、

            挽き臼でひいて粉にした物を言います。


            お茶と言いますと、老化防止や脂肪燃焼を促すカテキンや

            美肌に効くビタミンC等がよく挙げられます。

            また、茶葉100gあたりの栄養価は、

            抹茶よりも煎茶や番茶、玉露がすぐれているため、

            抹茶の栄養価は今日でもあまり注目されていません。


            しかし抹茶の場合、煎茶や玉露のように煎じて飲む、

            つまり“抽出液”として飲むのではなく、

            “粉末にしたお茶の葉を丸ごと摂取”するため、

            茶葉の摂取量は他のスタイルより多いです。

            しかも今日の抹茶は飲むという形式にとどまらず、

            むしろ和菓子や洋菓子といったスイーツに取り入れるという

            飲む以外のバリエーションがきわめて多く、

            食される茶葉の量も自ずと多めになっています。


            抹茶は、カテキンやビタミンCはもちろん、

            煎じて飲む普通のお茶ではあまり聞かれない

            ビタミンAやビタミンEが摂取できます。

            AとEは脂溶性ビタミンの一種で

            皮膚や目の粘膜を補強する、体の保護を強める成分です。

            これら脂溶性ビタミンは

            お湯などに溶け出さない性質がありますので、

            茶葉をまるごと摂取できる抹茶ならではの

            ビタミン類であると言えます。


            また、体内のエネルギー生産を促す

            ビタミンB1やB2も含まれていますので、

            カテキンとの相乗効果で体脂肪の燃焼に効果的です。


            日本で最初のお茶専門書といえる、

            僧の栄西が記した「喫茶養生記」(きっさようじょうき)には、

            『茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり』と記されています。

            お茶は健康や長生きの秘訣であるということです。


            そして抹茶は栄養満点のお茶の葉を、

            粉末にしてそのまま食べる形になるので、

            一部のビタミンやミネラルに特化せず、

            茶葉の栄養をバランスよく吸収できる特徴があります。


            一方、ビタミンなどの栄養分だけでなく、

            たとえばお茶の成分として知られるカフェインは

            利尿作用に加え、脳の中枢神経を覚醒させる作用があるため、

            眠気を防いで知的作業の効率を上げたり、

            運動能力を上げる効果があります。


            そしてさまざまある抹茶の効能の中で

            もっともよく知られているカテキンは

            緑茶の渋み成分“タンニン”の一種です。


            血圧上昇を抑え、血糖値やコレステロールを調節し、

            抗酸化作用による老化防止、

            抗癌、抗菌、抗アレルギー作用など

            様々な効能が報告されています。


            そして最近、注目されている成分がテアニンです。

            これは、抹茶を飲むときに感じる

            うまみを形成しているアミノ酸の1つで、

            茶葉に含まれるたんぱく質です。

            テアニンが血中に補われると、脳からアルファ波が発生し、

            すぐれたリラックス効果をもたらします。


            同じくにわかに注目されている成分がサポニンです。

            抹茶をかき混ぜると泡立つのは

            サポニンが含まれているからです。


            サポニンは炎症を抑える作用のほか、

            アレルギーやインフルエンザの抵抗力も養うなど、

            ミツバチのつくるプロポリスに似た働きを持っています。


            このように抹茶は、すぐれた栄養価のある食材です。

            それと同時に、抹茶はミルクや豆乳にまぜたり、

            お菓子や料理に入れたりと、

            楽しい食卓の演出に幅広く対応できるという点も魅力であり、

            このバリエーションの豊かさは

            今日まで日本の食文化に大きく影響しています。


            +…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―+
            発行者:佐久間 浩之
            サイト:フーディン 〜おいしいグルメライフを提案するサイト〜
            URL:http://home.h00.itscom.net/foodin/
            ページ:http://home.h00.itscom.net/foodin/CCP104.html
            +―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―……―+
            ※ページの内容は時期により異なる場合がございます。
             ご了承くださいませ。
            アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

            生姜紅茶 利尿作用

            0
              寒い朝には 著 者: 岡村 滋臣

              毎日のように寒い日々が続いていて
              朝起きるのが辛いなんてことはないですか。

              私は6時には起きるようにしていますが
              最近はついつい蒲団の中に長居を・・・(笑)

              そんな寒い日々を乗り越えるのに
              あなたは何か工夫をしていますか?

              この寒い冬を乗り越えるために
              いろいろなグッズも販売されていますよね。

              名前をよく覚えていないのですが
              でかいフリースみたいのやら
              新型のカイロなどいろいろとありますよね。

              そんな中私は毎朝あったまるために
              生姜紅茶を飲んでいます。

              最初は紅茶に生姜??
              だったんですが、以外に飲んでみると・・・

              美味しい!!
              そして何よりも朝の辛い寒さに対抗して
              あったまる〜!

              この生姜紅茶には一体どんな効果が?
              それは・・・

              まず生姜には体が温められ発汗が促進され、
              血液の流れがよくなり血液の汚れをとってくれます。

              そして消化機能も促進され、利尿作用があります。
              まあ他にもいろいろなすごいパワーをもった生姜。

              その生姜に紅茶をプラスするとどんな効果が??

              紅茶には、カフェインが入っていてこの成分にも
              利尿作用があります。

              生姜にも利尿作用がありますが、
              紅茶にも同じ効果があるんですね。

              体に水がたまってしまうと、体が冷えてしまったり、
              病気の原因になったり、体がむくんでしまったりします。

              その点、生姜紅茶は 利尿作用があるので、
              摂りすぎた水分を排出してくれるのですね。

              水分は摂りたい、でも余分な水分は体から出したい。
              それには生姜紅茶が一番!ということですね。

              また、紅茶には、テアフラビンという成分が入っていて
              この成分は、体を温めてくれる効果があります。

              生姜にもあたため効果があります。
              だから相乗効果でであたためについても抜群ということですね。

              ただ味がちょっとという人は
              黒砂糖や蜂蜜を入れて飲むと甘くなり
              飲みやすいですね。

              あなたも一度お試しあれ!


              -------------------------------------------------------
              ■ 「ユダヤ人大富豪の教え」「幸せな小金持ち」シリーズの
              著者で有名な本田健さんもお勧め!
              ソースセミナー(発見編)を開催します!

              詳しくはこちらから
              http://source-tarohsun.com/seminer

              -------------------------------------------------------

              発行者     岡村 滋臣(ソーストレーナー名 TAROHSUN)

              ブログ http://source-tarohsun.com/

              ツイッター   http://twitter.com/tarohsun
              アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

              大豆の持つすぐれた効能

              0
                大豆の持つすぐれた効能 著 者: 佐久間 浩之

                良質なたんぱく質が豊富なことから

                “畑の肉”とも言われる大豆は

                貴重な栄養源として、古くから日本で親しまれてきた食材です。

                大豆には、植物性タンパク質のほかに

                脂肪になりにくい脂質や糖質、ビタミンやミネラルなど、

                元気のもとになる栄養素がバランスよく含まれています。

                さらに、食物繊維もゆたかにありますので

                おなかスッキリにもすぐれた効果を発揮します。


                さらに抗酸化パワーを持つ大豆サポニンや、

                動脈硬化を予防する大豆レシチンなどの

                機能性成分も含まれていますので、

                メタボリックシンドロームや生活習慣病を予防する食品として、

                現在、大豆は注目されています。


                また、最近になって人気を増している黒大豆には、

                大豆の栄養素にくわえ、

                黒色のもととなるアントシアニンが含まれていまして、

                これは高い抗酸化作用でメタボ対策に効果大◎

                さらには目の健康にも役立つすぐれた成分です。


                そして、大豆の中でもっとも注目されている成分“大豆イソフラボン”

                これはポリフェノールの一種で、

                女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

                エストロゲンは、コレステロールを抑制し、

                動脈硬化や高血圧を防ぐほか、

                骨粗鬆症を防いだり、自律神経のバランスを整えるなど、

                さまざまな効能が期待されます。

                体内でつくられるエストロゲンは40代後半ぐらいから

                少しずつ減って活きます。

                するとホルモンバランスが崩れ、気分の落ち込みやめまいなど、

                更年期障害の症状が引き起こされます。

                また、閉経後にはエストロゲンの減少に伴い、

                体重の増加や骨粗しょう症なども起こりやすくなりますが、

                大豆イソフラボンはこれらの不調を遠ざける効果があります。

                さらに、肌のハリや潤いを保つなどの、

                美容効果にもすぐれています。

                これまで日本の女性が他国の女性に比べ、

                年を重ねても若々しく健やかでいられたのは

                大豆食品の多い食生活のおかげとも言われています。

                普段の食卓へ積極的に取り入れるように心がけたいものです。


                しかも大豆は、発酵することでさらに効能を豊かにします。

                大豆が発酵し、みそやしょうゆ、日本酒などに姿を変えるとき

                麹菌という微生物の働きが活発化します。

                この菌は、タンパク質を分解して体に吸収しやすくし、

                さらにうまみもアップさせる働きがあります。

                また、鮮やかな赤い色をした紅麹には

                コレステロールを下げる働きがあるとして、

                今日、サプリメントなどが人気になっています。

                ◇―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…◆
                発行者:佐久間 浩之
                サイト:フーディン 〜健康美を養うおいしい食のサイト〜
                URL:http://home.h00.itscom.net/foodin/
                ページ:http://home.h00.itscom.net/foodin/CCP022.html
                ◆…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―◇
                ※ページの内容は時期により変わります。
                 過去の記事を訪ねた際、ページがなかったり
                 内容の異なる場合があります。ご了承くださいませ。
                アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                卵を食べて、きれいに、元気に、若々しく!!

                0
                  卵を食べて、きれいに、元気に、若々しく!! 著 者: 美健通信

                  あなたは、卵を食べていますか?

                  自分でお料理をしないで、
                  外食やコンビニのお弁当ばかりを食べていると、
                  卵は食べる機会がありませんね。

                  卵は少し前まで、コレステロールが高いとか、
                  栄養過多などと悪物扱いされていました。

                  これは、とんでもない間違いです。


                  先日国民栄誉賞を受賞した、女優の森光子さんは、
                  卵が何より大好物で、
                  1日3個ずつ今でも食べているそうです。

                  森光子さんの若さと健康の秘密は、
                  卵だったのかもしれませんね。

                  それぐらいに、卵には、
                  あなたの美容と健康の役に立つ成分が、
                  たっぷりと含まれているのです。

                  さあ!!
                  あなたも、卵のことをもっとよく知って、
                  きれいに元気に過ごしたいですね!!


                  ☆卵は、栄養の完全食品

                  卵は、栄養の完全食品といわれています。
                  それは、あの小さな卵1個の中に、
                  ほぼすべての栄養成分が含まれているからです。

                  こんなにすばらしい食品は、ほかには見当たりませんね。

                  たんぱく質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、コリン、カルシウム・・・
                  とにかく、数え切れない栄養があるのです。

                  こんなにすばらしい、栄養の完全食品の卵を、
                  食べないでいるのはもったいないと思いませんか?


                  ☆コレステロールも食べ過ぎなければ大丈夫!!

                  1時期、卵にはコレステロールが多いから、
                  食べると体によくないという、妙なうわさが流れました。

                  そのために、
                  「卵は、健康によくないのではないか?」
                  というイメージがついてしまったのです。

                  しかし、これは大きな誤解です。

                  コレステロールを気にされている方でも、
                  1日2個までなら何の問題もありません。

                  それよりもむしろ、美しく健康になるためには、
                  卵は積極的にとりたい食品です。


                  ☆卵のたんぱく質で、お肌すべすべに!!

                  卵には、非常に良質なたんぱく質が含まれています。

                  良質なたんぱく質は、あなたの体の営みに欠かせない、
                  すばらしい栄養成分です。

                  特に良質なたんぱく質をとると、
                  体の細胞が活性化して若返るのです。

                  髪の毛、爪、目、内臓、歯、お肌・・・・
                  あなたの体のすべての機能が、
                  卵の良質のたんぱく質のおかげで生き生きしてきます。

                  すると、髪の毛はつやつやに・・・
                  爪は、しっかり強く・・・
                  視力は、アップ!!
                  内臓も、元気に・・・
                  歯も丈夫で虫歯になりにくく・・・

                  そして、あなたのお肌はツルツルすべすべに、
                  生まれ変わってくれます。

                  これは、今日から美肌のために、
                  卵パワーを借りるしかありませんね!!


                  ☆卵のコリンでボケ防止

                  卵には、ほかの食品にはあまり含まれていない
                  コリンという物質を含んでいます。

                  このコリンは、
                  最近の研究でボケ防止効果があることが分かってきました。

                  記憶をつかさどる器官に、働きかけてくれるのです。

                  物忘れ防止や、勉強や仕事の能率アップにも、
                  効果があるのです。

                  そして、これからの高齢化社会にも、
                  卵は大きな役割を果たしてくれそうです。

                  アルツハイマーなどの記憶にかかわる病気は、
                  まだまだ未解明です。

                  よい薬も開発されていません。

                  アルツハイマーの薬を発見すれば、
                  間違いなくノーベル賞を取れるといわれているくらいに、
                  今世界中でその研究が盛んに行われています。

                  卵が、アルツハイマーやその他の老化防止の薬に、
                  何か応用ができるのではないかと注目が集まっているのです。

                  やがては、卵からアルツハイマーに効く特効薬が、
                  開発されるかもしれませんね。

                  あんな小さな卵に、これだけのパワーが含まれているのは、
                  本当に驚きです!!

                  値段もお安く手軽に食べられる卵を、
                  今日からあなたの味方にしましょう!!


                  ★☆★☆★☆ 美 健 通 信 ☆★☆★☆★

                  〜役立つ美容・健康情報が盛りだくさん〜
                  美健通信はこちら → http://bi-ken.info/

                  ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
                  アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                  健康食の中身は何か?

                  0
                    健康食の中身は何か? 著 者: 中山 舞子

                    私たちの体は、細胞、組織、器官を健康にしておくために、タンパク質を必要とします。十分なタンパク質を得ないことは成長を遅らせ、筋肉を減少させることにもなり、免疫系を害することもあります。私たちは、エネルギーを与えられて、そして、日中活発で、その日1日を暮らしていけるために、タンパク質を必要とします。

                    炭水化物とインシュリン濃度

                    炭水化物は健康的な食事、特に穀物からの炭水化物の一部でもあります。そして、穀物の炭水化物は、パンやパスタのように精製された炭水化物よりゆっくり消化します。穀物からの炭水化物はインシュリン濃度を管理します、そして、それはあなたがより速く満腹であると感じて、より長く満腹のままでいることを意味します。玄米、雑穀とキノアのような全粒の穀物食品を食べなければなりません。

                    繊維と消化健康

                    繊維も必要で、それは、消化器を正しく働かせ続けるために果物、野菜、穀物から得られます。そして、より速く一杯になって、より長く満腹のままでいます。食事において十分な繊維を摂れば、食べすぎにはならないでしょうし、血糖値は突出したりせず、ブドウ糖がより遅い速度で血液に吸収されることができるようになり、消化速度が遅くなります。

                    野菜、果物、豆類

                    ケール、マスタード・グリーン、ブロッコリーとキャベツのような多くの青々とした青菜が必要です。これらの食品は、血液と呼吸器を強くしておくために必要とするカルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、亜鉛とビタミンを提供します。

                    果物が含有する天然糖、繊維、ビタミンと酸化防止剤を得ることができるように、誰でも毎日多くの果物を食べなければなりません。多くの異なる果物(特に色でより暗いもの)を食べる限り、新鮮な果物か冷凍果物かは、重要でありません。より暗い色の生産物は、健康なままでいるために必要とするより多くの栄養分を持っています。

                    必要なタンパク質、繊維、ビタミンとミネラルを得るために豆、ナッツ、大豆を食事に含める必要があります。菜食主義者の場合は、食事で十分な鉄を得られるように、多くのこの種の食品を食べることを確認しなければなりません。鉄は、ビタミンCと同時に消費されるとき、体が吸収するのがより簡単です。

                    好ましい脂肪

                    体は、脂肪も必要とします、しかし、それはあなたを使用可能な脳、心臓、神経系とホルモン類にしておいて、あなたの肌、髪と釘をよく見えさせ続けるよい脂肪でなければなりません。脂肪は、私たちが満腹であると感じるのを助けるもう一つの栄養分です。あなたがそれをもう一度しない限り、あなたは飽和脂肪さえ食べることができます。

                    情報はこちらをクリック
                    http://www.ed-genesis.com/
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                    ヨーグルトは潰瘍を引き起こすピロリ菌と戦うのを助ける

                    0
                      ヨーグルトは潰瘍を引き起こすピロリ菌と戦うのを助ける 著 者: 中山 舞子

                      最新の人間の臨床研究によると、ヘリコバクターピロリ(胃炎と胃潰瘍を引き起こすバクテリア)と戦う新しい種類のヨーグルトがあります。この新しいヨーグルトは日本から始まって、潰瘍と戦うその独特のアプローチのために歓迎されています。アメリカ合衆国では、およそ2500万人は、潰瘍にかかっています。このヨーグルトは、現在、日本、台湾、韓国で手に入ります。すぐにアメリカ合衆国に入ることが期待されます。

                      ピロリ菌はどのように働くか

                      胃潰瘍の大多数は、ピロリ菌、ならびにアスピリンとNSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の濫用に起因します。潰瘍は、通常抗生物質と酸性の抑制剤を使って簡単に治療できますが、多くの発展途上国は、ピロリ菌に起因する潰瘍治療の選択肢にアクセスしていません。

                      新しい研究において、研究者たちは、ピロリ菌が胃裏で細胞を付随して汚染するために「ウレアーゼ」と呼ばれているタンパク質に依存しているように見えるということを発見しました。この発見に基づいて、研究者たちは、ワクチンを作成して鶏にウレアーゼを注射し、鶏の免疫系がウレアーゼ抗体を生産するのを待って、卵から抗体を集めました。

                      次に、科学者たちは、ピロリ菌が陽性だった42人に対して、プレーンヨーグルトの組と、ウレアーゼ抗体のヨーグルトの組に分け、それぞれカップ2杯を4週間与えました。4週間後に、ウレアーゼ抗体を加えて強化されたヨーグルトを消費した人々は、ピロリ菌感染症が抑制されていることが示されました。胃酸は抗体を破壊しましたが、それは抗体がバクテリアと戦った後のことでした。

                      ヨーグルトが抗生物質と比較してピロリ菌バクテリア・レベルを減らすことにまだ効果的でありませんが、ヨーグルトは毎日消費することができ、食事のルーティンの一部にできますので、摂取するのは依然として大変簡単です。

                      情報はこちらをクリック
                      http://www.ed-genesis.com/
                      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                      マクロビオテックって何??

                      0
                        マクロビオテックって何?? 著 者: 美健通信

                        雑誌でもテレビでも、または近所のお店でも
                        こういった言葉をよく聞くようになりました。

                        でもなんだか、
                        味気のない食事を想像している人がまだまだ多く、

                        また「●●は食べてはいけない」というルールがありそう
                        と思っている人もまだまだいらっしゃるようです。

                        しかし実際にそんな難しいことではありません。


                        この言葉を広めた桜沢さんの基本的理念をお借りすると

                        ★穀物菜食
                        (主食をなるべく玄米とし、副食は野菜を中心に主食より少なくいただく)

                        ★一物全体
                        (穀物や野菜はなるべく無駄なく丸ごとをいただく)

                        ★身土不二
                        (なるべく土地のもの、旬のものをいただく)

                        ★よく噛む

                        ★ 陰陽調和
                        (個人の体質や食材の性質を正しくとらえる)

                        という5つの基本的考えがあります。
                        どれも難しいことではないと思いませんか?


                        また身土不二ということは
                        近年多くの学校での食育でも取りあげられていて、

                        地産地消が話題になっているので、
                        意識しているかたも多くいらっしゃるかもしれませんね。


                        よく噛むことだって、簡単です。

                        現代人はせっかちで、常に時間に追われています。

                        昼食を30分も満たないレベルで
                        食べている人もいるくらいです。

                        そんな状況では誰も健康的にならないし、
                        消化不良を起こして体が疲れてしまうことでしょう。


                        一物全体ということも、
                        今のエコ時代を考えれば難しいことは何一つありません。

                        お米なら胚芽などをとったりしないで玄米がいいということですし、
                        小麦だって全粒粉だし、
                        お魚だって骨ごとまるまる食べられる方がゴミもでない!

                        野菜の皮だって活用してください。剥いたっていいんです。

                        でもそれを「きんぴら」にしたり、無駄にせずに
                        体に取り入れることはとても素晴らしいエコでもあるのです。


                        そう考えたら、
                        マクロビオテックは何も難しいことだとは思わなくなりませんか?

                        私自身、これらを意識するようになって
                        体も心も浄化されたように思います。

                        素材をまるまるいただくには、無農薬の野菜を選ぶ方がいいとか、
                        自分で作れる野菜はチャレンジしてみようとか!

                        少しの意識で大きく生活はかわりました。

                        時間に追われる生活もやめました。
                        無理なことをしても疲れるだけだと分かったからです。

                        それからというもの、驚くほど体が軽くなったのは事実です。
                        悩んでいた体のトラブルもなくなりました。

                        肌のトラブルさえもです。

                        少し宗教的になってしまうのかもしれないけれど、
                        素材をまるまるいただくのは命をいただいているという意識が
                        とても強くなるように思いました。

                        だから大切に食べたいと思ったし、
                        作ってくださった人へのお礼にもなるのだと。

                        そして季節も意識するようになりました。


                        今はいつだって、美味しい食材が年中手に入ります。

                        でも本当は、季節を重要視しなくてはいけないことも
                        マクロビオテックから学びました。

                        夏野菜は体を冷やす効果があるのに、
                        これを冬に食べてしまったら逆効果ですよね。

                        季節に生まれたからにはその理由がある。

                        少し哲学的になってしまいますが、たまには
                        こういったことを考えてみるものいいのかもしれません。

                        そうすることで、自分にしかできない体の健康管理が
                        できると思います。

                        ぜひあなたも今日の食事から意識して作ってみませんか?


                        ★☆★☆★☆ 美 健 通 信 ☆★☆★☆★

                        〜役立つ美容・健康情報が盛りだくさん〜
                        美健通信はこちら → http://bi-ken.info/

                        ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
                        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                        << | 2/4PAGES | >>

                        PR

                        無料メルマガ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM