スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.01 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Windowsを復元 レジストリ削除

    0
      レジストリ削除 著 者: 野田 葵

      レジストリ肥大化って何で発生するの?
      Windowsがいろいろ作業を行うとともに、作業痕跡、ソフトウェアのインストールあるいはアンインストール情報などのデータが自動的に作成られます。これらのデータには一度使うと、不要になるものもあります。けれど、レジストリは記録できるのが、データが必要か否か判断して自動的に不要ファイルを削除できるほど知能化されていません。不要ファイルを削除せず、データ記録を続けていたレジストリは肥大化になって、Windows作動重いの原因となります。
      レジストリがいろいろな便利を提供していますけど、故障したら大変な事になります。Windowsシステムが不安定になり、頻繁にウィルスに侵入されたり、アプリケーションを起動しても無反応したり、最悪の場合、Windows自体が動かなくなります。

      レジストリ削除が楽にできる

      パソコン初心者とはいえ、例えパソコン上級者でも、レジストリ削除に対してまだまだ初心者だと言うことがあります。レジストリ削除の操作はとても複雑で、初心者が自分ですることはあまり推薦しません。適用するツールを使って、無効なエントリーなどの不要ファイルを削除して、肥大化したレジストリを軽くします。

      レジストリ削除するツールと言えば、やはり機能万全で、より高速、安全にレジストリ削除操作できるのが良いだと思っています。すると、薦めたいツールが一つRegistry Winnerです。高度な検索機能により、Registry Winnerはレジストリを高速に検索し、正確に不要ファイルを検出できます。そして、三つのバックアップ機能を用いたRegistry Winnerは、自動的に復元ポイントを作れるため、レジストリ削除作業がより安心にできます。何か不具合があったら、何時でもWindowsを復元できます。

      五ステップでレジストリ削除完了
      1、 ダウンロードしたRegistry winnerをインストールして、起動する
      2、 「スキャン&クリーン」タフを選んで、「レジストリクリーナー」をクリック
      3、 設定を確認して、「スキャン開始」のボタンをクリック
      4、 スキャン後、結果表示される一覧をチェクして、「修復続行」をクリック
      5、 最後に、処理が完了したら、ソフトウェアを終了します。

      パソコン作動が速い状態にキープしたいなら、定期的にRegistry Winnerを実行し、レジストリ削除するのが推薦します。

      詳しい情報はこちら:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      Windowsシステム レジストリバックアップ

      0
        レジストリバックアップ 著 者: 小澤

        レジストリはWindowsシステムにおいてとても重要な役割が占めています。ユーザ情報、アプリケーション使用記録、システム作動情報などのデータが保存されるデータベースであります。パソコン使いが長くなると、レジストリにたくさんの不要データが積み重ね、レジストリ故障とか、レジストリ肥大化する可能性が高くなります。

        レジストリエラーによって発生するトラブルやパソコン問題など、大抵の場合システムをリカバリーして解決できますが、またもう一つの方法はレジストリエラーを対処します。レジストリエラーを解決するには、レジストリクリーナーでエラー修復できることと、レジストリ故障のない状態に戻ります。それは、事前にレジストリバックアップする必要があります。

        レジストリバックアップ
        パソコンの動作スピートをキープするには日頃のメンテンナンスは必要とします。一つ効果的な方法はレジストリを削除することです。そして、レジストリのバックアップをしたうえに、レジストリを削除するのがより安全だと思います。また、レジストリ故障が起きる時、レジストリの復元によって、解決できます。
        レジストリバックアップの手順
        レジストリクリーナーを導入、起動→「バックアップ&復元」のタブを選択→完全バックアップ機能から一つをクリック→「バックアップ」ボタンをクリック→レジストリバックアップ完了

        また、このレジストリクリーナーはレジストリを削除する作業前、自動的にバックアップを行ないますので、より安心にレジストリを編集します。さて、次はレジストリ復元方法を説明します。

        システムでレジストリを復元する手順
        1、 スタート→ファイル目を指定して実行→「%SystemRoot%¥system32¥restore¥rstrui.exe」と入力→「OK」
        2、 システムの復元の開始→「コンピューターを以前の状態に復元する」をクリック→次へ
        3、 復元ポイントの選択の確認→次へ→システムを復元され、再起動
        4、 コンピューターにログオン→システムの復元の確認→「OK」

        レジストリクリーナーでの簡単な復元の手順
        ツールを起動→「バックアップ&復元」→完全バックアップ→復元ポイントを選択→「復元」のボタンをクリック→レジストリの復元完了

        以上の方法でレジストリのバックアップ及び復元の作業を仕上げます。快適なWindowsを戻れますように!

        詳しい情報はレジストリクリーナーへ
        http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

        レジストリクリーナー

        0
          レジストリクリーナー 著 者: 黒田

          Windowsの基本操作、無効なレジストリキー、ソフトウェアのインストール情報などがシステムレジストリを肥大化する原因となります。そして、Windowsの起動時間と作業時間が長くなるのはシステムレジストリが不具合が起きていたからです。レジストリクリーナーはレジストリの初心者でも簡単にレジストリの操作、レジストリの削除、レジストリエラー修復などをできるソフトです。

          レジストリとはWindows操作に関する情報が記録するデータベースです。Windowsを長く使うため、操作が頻繁にするほど、レジストリに登録された情報が多くなります。そして、長い間レジストリ削除をしないと、余計なゴミがたまるシステムは調子が悪くなったり、ウィルスに侵入されたり、プログラムがなかなか起動しなかったりします。このようなことを回避するには性能高いレジストリクリーナーが必要とします。

          簡単にレジストリ問題を解決する
          1、 レジストリクリーナーRegistry winnerを導入し、起動する
          2、 「スキャン&クリーン」を選択し、「レジストリクリーナー」をクリック
          3、 「スキャン開始」ボタンをクリック
          4、 結果をチェックし、「修復続行」をクリック
          5、 修復完了、Registry winnerを終了

          Windows操作によって使用済のデータや、ソフトのアンインストール後、残した不要情報などがレジストリの削除作業の対象となります。Registry winnerの高度検索機能が不要ファイルを精確に分別して削除できます。そして、素早くレジストリの問題点を検出し、専門的に対策できます。この安全性の高いレジストリクリーナーは多数の機能が含まれていて、IEトラブルを解消することや、Cドライブの空き領要を増やすことや、メモリ最適化することなどができます。レジストリクリーナーを行い、パソコンパフォーマンスを快適な状態に改善できます。また、Registry winnerは復元ポイントが作成する機能が持っていて、より安心にレジストリの削除をします。すべての作業が簡単で短時間で仕上げますので、Windowsの高速化は効果的に感じます。
          公式サイトへ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
          アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

          レジストリエラー修正

          0
            レジストリエラー修正 著 者: 野田 葵

            調査結果によると、レジストリエラーに被害されたパソコンは90%以上占めています。だけど、さくたんのユーザーはレジストリエラーはどう言うものか全然知らなかったのです。ここから、レジストリエラーの発生原因とレジストリエラーの被害を説明します。そして、レジストリエラーに一番適している方法を紹介します。

            レジストリエラーの発生原因
            日ごろのパソコン操作やプログラムのインストールとアンインストールなどがレジストリをどんどん肥大化にします。レジストリデータが多くなるほど、パソコン動作が不安定だったり遅くなったりします。レジストリはWindowsシステムに深く関わっていたため、Windowsが長く実行するとレジストリエラーの発生は回避できません。
            レジストリエラーの被害
            レシすとりエラーが原因として、いろいろなパソコントラブルを発生させます。パソコンがレジストリエラーに被害を受ける時、動作スピートがどんどん落ちて、ブルースクリーンとデッドロックが頻発なり、またクラッシュすることがあります。
            レジストリエラーを無視してはいけません。正しく対処しないとシステム崩壊することになります。
            レジストリエラー対策できる一番効果的な方法とは?
            定期的にレジストリを検査と削除を行って、レジストリエラーが見つけ出したとたんに修正します。もし、問題が複雑で手動で修復できない場合、信用できるアシスタントが必要とします。
            レジストリエラーに困っていた方にレジストリクリーナーRegistry Winnerを勧めます。Registry Winnerは迅速にパソコン検査を行い、数分間でレジストリエラーを見つけ出し削除することができます。
            安全なスキャンによって、この警戒高いソフトウェアはパソコン重くさせる元凶のレジストリエラーが見つけ出して、ポタン一つクリックすると、全部きれいに除去します。パソコン動作が速くなり、PCトラブルなど回避できます。
            他のレジストリクリーナーと比べて、Registry Winnerは使いやすくて、正確にレジストリエラーを検索できて、より効果的にエラー修復できます。利用者のフィードバックによると数千までのエラーを見つけ出すことできたらしいです。
            詳しい情報はこちら:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
            アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

            Windows レジストリ

            0
              レジストリ 著 者: 野田 葵

              パソコン使用者の皆さんがレジストリに関してどんなイメージを思い浮かべますか?たぶん初めて聞いている方もいるでしょう。では、これからはレジストリについて、定義、役割及び影響などを説明します。

              まず、「レジストリって何?」

              レジストリはWindowsにおけるとても重要な役割を占めています。簡潔に言えば、小さいデータファイルを一つにまとめて記録します。使用者情報、プログラム作動情報、ソフトウェアのインストール情報、システム環境設定情報など、ハードディスク内に記録するデータベースであります。

              レジストリに危険性があるって?

              レジストリ自体の存在が危険ではありません。けど、レジストリが故障或いは肥大化した場合、パソコンが被害を受けます。では、Windows上の作動を記録するレジストリが故障するとどうなりますか?それは、記録されたデータを利用しているアプリケーションからWindows自体まで作動できなくなってしまうことがあります。

              故障したレジストリをどうすればいいでしょう?

              悪意なJavaスクリプトが自動的に実行したとか、パソコン使用者が誤ってレジストリを操作したとか、Windowsの不調などの原因でレジストリ故障を起こせます。それに、ソフトをアンインストール後のゴミやWindows作動で無効なキーなどの不要ファイルが発生しづつ、レジストリを定期的にクリアする必要があります。放っておいて、最悪な状態になった場合は、修復を行わなければなりません。でも、初心者にとって手動でレジストリ削除するのがちょっと無理かも知れませんので、困っている方にレジストリクリーナーのRegistry Winnerをお勧めます。Registry Winnerは、最先端的なレジストリクリーナーで、素早くスキャンして全般的な診断、削除および修復を行うことができます。それだけではなく、レジストリエラー発生させる問題も全部解決します。トラブルの対策、システム最適化、エラー修復など、この軽いツールが数分間で処理します。そして、調整完了したパソコンに多種類のバップアップを提供して差し上げます。そしたら、如何なる不具合な場合があったら、レジストリを元の状態に戻れます。Registry Winnerのレジストリクリーナー機能は簡単なマウスクリックだけで実行できます。時間有効に使いたいパソコン上級者にもお役に立てると思います。
              http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
              アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

              Windowsシステム ランタイムエラー対策

              0
                ランタイムエラー対策 著 者: yamada

                Windowsシステムにおけるランタイムエラーが出ると、パソコン動作重いや、起動、またシャットダウンするには時間がかかりすぎるなどで、お困りますね。
                例え新たのパソコンに買い替えましたけど、同じ状態に落ってしまうことになります(作動遅いと多数なエラー)。でも、こういうのはよくあるトラブルで一一落ち込む必要がありません。
                ランタイムエラー発生されるの原因と対策法を説明します

                ランタイムエラーとは?
                ランタイムエラーはWindowsでよく発生するエラーの一種であります。
                パソコンにアプリケーションが起動すると、ランタイムエラーが発生することがあります。プログラムの実行中によく発生します。つまり、ソフトウエアの実行することで、ランタイムエラーの発生を避けられないのです。

                ランタイムエラーの原因は?

                パソコンのプログラムがだんだん複雑で重くなって、PC システムにRAM不足となります。RAMの量が実行するプログラムに不足する場合、パソコンにエラーを表示されます。パソコンがフリーズしてしまいます。

                レジストリ故障することで、Windowsにランタイムエラーが発生します。日々益々レジストリに記憶されたデータが肥大化するとともに、レジストリエラーが連発することになります。

                ランタイムエラー修復

                まず、必要とするのはレジストリクリーナーみたいにRAMを管理できるソフトウエアを使って、RAM量を上げさせ、プログラムの実行を順調にさせられることです。
                たくさんのユーザーがレジストリの重要性が忘れてしまいます。とすれば、ランタイムエラーが発生する時にはベストレジストリクリーナーに助けられ、如何なるエラーを解決することが楽にできます。

                 詳しい対策はをhttp://www.newpccleaner.com/fix-runtime-errors-jp.htmlご覧ください。
                アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                Windowsシステム ランタイムエラーの解決法

                0
                  ランタイムエラーの解決法 著 者: 野田 葵

                  Windowsシステムにおけるランタイムエラーに悩んでいますか。パソコン動作重いや、起動、またシャットダウンするには時間がかかりすぎろなどで、お困りますか?
                  例え新たのパソコンに買い替えましたけど、同じ状態に落ってしまうことになります(作動遅いと多数なエラー)。でも、こういうのはよくあるトラブルで一一落ち込む必要がありません。
                  これからは、ランタイムエラー発生されるの原因と対策法を説明しますので、お楽にパソコン高速化にできますように!

                  ランタイムエラーとは?
                  ランタイムエラーはWindowsでよく発生するエラーの一種であります。
                  パソコンにアプリケーションが起動すると、ランタイムエラーが発生することがあります。プログラムの実行中によく発生します。つまり、ソフトウエアの実行することで、ランタイムエラーの発生を避けられないのです。
                  ランタイムエラーの原因は?
                  パソコンのプログラムがだんだん複雑で重くなって、PC システムにRAM不足となります。RAMの量が実行するプログラムに不足する場合、パソコンにエラーを表示されます。一般的にランタイムエラーの原因はレジストリエラーに関わります。
                  レジストリ故障することで、Windowsにランタイムエラーが発生します。日々益々レジストリに記憶されたデータが肥大化するとともに、エラーが連発することになります。
                  ランタイムエラーの解決法
                  まず、必要とするのはRegistry WinnerみたいにRAMを管理できるソフトウエアを使って、RAM量を上げさせ、プログラムの実行を順調にさせられることです。
                  たくさんのユーザーがレジストリの重要性が忘れてしまいます。とすれば、ランタイムエラーが発生する時にはベストレジストリクリーナーのRegistry Winnerに助けられ、如何なるエラーを解決することが楽にできます。

                  エラー修復を行わない場合、ランタイムエラーとか、Windowsエラーとか、パソコン不調とか、起動とシャトダウンのスピードが遅すぎるとか、破損したレジストリエントリーとか、レジストリのフラグメンテーション(断片化)とか、フリーズとクラッシュなどのトラブルが頻発となって、パソコン作動がだんだん遅くなっていく恐れがあります。

                  ティップ:レジストリのお掃除はパソコンヘルシーのためになり、Windowsランタイムエラーを防止できる最も良い方法であります。
                  詳細ページ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                  アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                  メモリ最適化

                  0
                    メモリ最適化 著 者: 田中 

                    メモリ使用率はWindows作動に深く関わっています。パソコンがデータの読み込み時間が長かったりとか、Windows起動と操作が遅かったりとか感じると、まず、メモリ使用量を確認してください。メモリ消費率が高い、またメモリ不足エラーが表示される時、メモリ最適化を行う必要とします。

                    パソコン重いの元凶はメモリ?
                    パソコンを使い続けると、頻繁にデータの書き込みと削除により、メモリ内が断片化とされます。これらのフラグメンテーションが酷くなるほど、パソコンが動作重く感じます。
                    また、お使いのパソコンには多数のプログラムが働いています。その中では長く使わないプログラムが裏で実行すると、メモリを食ってしまいます。メモリが必要以上消費される場合、フリーズするなど不具合な現象が起きやすくなります。

                    二つの対策法でメモリ最適化を行う
                    一つ目、デフラグ
                    フラグメンテーションによって、システムの処理量を増加された時、最も簡単な解決方法はディスクのデフラグをします。
                    ここに性能高いメモリ最適化ツールRegistry Winnerの機能を借りて、楽にデフラグを行いましょう。
                    メモリ最適化ツールをインストール済、「PCの最適化」を選択して、「メモリの最適化」をクリックします。「高速デフラグ」と「強制デフラグ」の二択から選んで、ボタンを押すと、デフラグが開始されます。間もなくの間、メモリデフラグが完了します。
                    また、この界面でCPU使用率とメモリ使用率を確認することができます。

                    二つ目、アプリケーション及びプロレスの管理
                    アプリーケーションと常駐プログラムの実行することはメモリを消費しています。パソコン有効に働かせるため、不要なアプリケーションと使わないプロレスを終了して、メモリ最善に使います。
                    Registry Winnerの「スタートアップの管理」は常駐プログラムを点検及び削除する機能です。この機能を使って、安全的にスタートアップ項目を消去と復元することができます。次に、「サービスの最適化」機能はシステムが使っていたプログラムを一覧表示となり、幾つかのモードから、知能的にメモリ使用を最善させます。
                    以上の手順に従っての作業が終わると、メモリ最適化は完了します。軽快なパソコン作動を体験するには、Registry Winnerを利用し始めましょう。
                    詳しい情報はこちら:
                    http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                    メモリ不足解消

                    0
                      メモリ不足解消 著 者: 野田 葵

                      Windowsが動作すると、メモリ消費が必要とします。それで、メモリが不足すると、パソコンの作動が重くなり、またフリーズにする恐れがあります。メモリ不足について、原因と解決法を説明します。

                      メモリ不足の原因と対処
                      常駐ソフトが多い
                      対処:余計な常駐ソフトをスタートアップ項目リストから外します。
                      スタート→ファイル名を指定して実行→「MSCONFIG」を入力しOKをクリック→「システム構成ユーティリティ」の画面で「スタートアップ」のタブをクリック
                      この一覧から、不要プログラムを解除します。

                      不要なアプリケーションがバックグラウンドで実行
                      対処:タスク マネージャを使って、メモリ消費する不要アプリケーションを終了します。
                      .織好 バーの空白の領域を右クリックし、[タスク マネージャ] をクリック
                      [プロセス] タブをクリック、実行中のプロセス一覧から不要なものを選んで、「プロセスの終了] をクリック

                      Cドライブ容量不足
                      対処:IEキャッシュ、一時ファイルなどを削除します。また、不要プログラムをアンインストールします。

                      日常にメモリ保つ作業を行うと、やはりメモリ不足を解決できるRegistry Winnerを推薦します。Registry Winnerはパソコン初心者向けで、使いやすくて効果が著しいです。この便利なツールは、「サービスの最適化」機能によって、常駐ソフトと実行中プロセスを管理することができます。また、削除できないなプリグラムとファイルなど対策できます。そして、「メモリの最適化」はメモリ使用量をチェックし、最適化にします。Registry Winner は自動的に外したプログラムを記録できたため、ご希望通りリカバリーすることができます。メモリ不足を解消するため、Registry Winnerを使ってください。
                      メモリ不足解消:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                      メモリ不足の解消法

                      0
                        メモリ不足の解消法 著 者: 天下

                        時々パソコンが重くなると感じることがありませんか。特にPCゲームやフォトショップなどといった大量のメモリを消費するアプリケーションを複数同時実行しているうちに、パソコンはざっと重くなりました。それはパソコンのメモリ不足の現象です。
                        一般にはパソコン店でメモリを増設できます。現在では販売しているパソコンが基本的に1GBから2GBのメモリまで搭載しています。普通の作動でははこれで十分ですが、それ以外に、またパソコンが重いと感じとかWindowsの仮想メモリが少ないと警告が出たとかという状況に遭った時、あなたのパソコンが仮想メモリ不足になります。

                          仮想メモリとは何のものですか。どの役目がありますか。それらについて簡単説明させていただきます。

                          仮想メモリはハードディスクの一部を物理メモリの一部であるように使われ、メモリの内容を一時待避するディスク領域です。仮想メモリが多ければ多いほどではありません。物理メモリが十分ある場合には、あまり大きく仮想メモリを設定するのは良いと言えません。そしてメモリもディスクと同じく使用していると、領域が断片化しています。これを解消すれば、メモリをデフラグする必要があります。簡単にいえば、コンパクションです。また、デォルトでは仮想メモリは初期サイズが物理メモリの150%、最大値250%になってそのまま使用していると、既に断片かしていることがあります。

                         どうやって仮想メモリの最適値を設定、メモリをデフラグしますか。ここにデフラグや仮想メモリ設定を数クリックでできるソフトを紹介させていただきます。

                         レジストリクリーナーです。このソフトひとつ主なファンクションはメモリ最適化です。ただワンクリックでメモリ不足を解消します。ほかにはパソコンのレジストリを掃除、エラー修復こと、Windowsスピードアップさせることなどもできます。

                         レジストリクリーナーを選らんだら、あなたに快適なパソコンを返します。

                         詳しくは http://www.fixregistrynow.com/index-jp.html
                        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                        << | 2/5PAGES | >>

                        PR

                        無料メルマガ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM