スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.01 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    足し算より引き算

    0
      足し算より引き算 著 者: 鈴木勝利

      小学校の算数で四則演算の最初に勉強するのが足し算ですね。

      足し算の次に引き算を勉強します。

      引き算のほうが足し算よりもむずかしいのです。

      足し算のほうがやさしいですね。


      新しいことを始めるよりも余分なことを減らす。

      新しい知識を増やすよりも無駄な知識を減らす。

      その方が軽くなり楽になります。

      また減らした分、新しいことを始められます。


      日々の生活を見てみると足し算のほうにばかり
      目がいっていないでしょうか?

      新しい商品が出ると欲しくなる。

      あたらしい情報が出回ると知りたくなる。

      足し算ばっかりしているとどんどん物や情報が増えて
      いっぱいになってしまい身動きが取れなくなってしまいます。


      なかなか引き算の方には考えが廻らないでしょう。

      これからすこしづつ引き算を考えてみましょう。


      今持っているもので無駄なものがないか。

      欲しいと思っているものが本当に必要なものなのか。

      知りたいと思ったことが本当になくてはならないものなのか。


      手に入れる前に一度じっくり見直すことが大切になるのでは
      ないかと思います。


      またいま既に持っているものについても無駄なものがあれば捨てる。

      もったいないということあるでしょう。

      いつか役に立つのではないか、と思うこともあるでしょう。


      しかしそのためのもので溢れてしまって、
      何がどこにあるのかがわからなくなる場合もあります。


      一つ新しいものを手に入れる場合は、一つ無駄なものを捨てる。

      一つから始めてみるのはどうでしょうか。

      いきなりすべて捨てるのは無理です。

      しかし、一つならできるかもしれません。


      足し算を考えたら、引き算も考えてみる。

      新しいものを入手するまえに無駄なものを捨てる。

      すこしづつ引き算を考えてみましょう。

      ◆『成功するための目標達成術』
      http://www.syouri.biz/mokuhyou/
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      足し算より引き算

      0
        足し算より引き算 著 者: 鈴木勝利

        小学校の算数で四則演算の最初に勉強するのが足し算ですね。

        足し算の次に引き算を勉強します。

        引き算のほうが足し算よりもむずかしいのです。

        足し算のほうがやさしいですね。


        新しいことを始めるよりも余分なことを減らす。

        新しい知識を増やすよりも無駄な知識を減らす。

        その方が軽くなり楽になります。

        また減らした分、新しいことを始められます。


        日々の生活を見てみると足し算のほうにばかり
        目がいっていないでしょうか?

        新しい商品が出ると欲しくなる。

        あたらしい情報が出回ると知りたくなる。

        足し算ばっかりしているとどんどん物や情報が増えて
        いっぱいになってしまい身動きが取れなくなってしまいます。


        なかなか引き算の方には考えが廻らないでしょう。

        これからすこしづつ引き算を考えてみましょう。


        今持っているもので無駄なものがないか。

        欲しいと思っているものが本当に必要なものなのか。

        知りたいと思ったことが本当になくてはならないものなのか。


        手に入れる前に一度じっくり見直すことが大切になるのでは
        ないかと思います。


        またいま既に持っているものについても無駄なものがあれば捨てる。

        もったいないということあるでしょう。

        いつか役に立つのではないか、と思うこともあるでしょう。


        しかしそのためのもので溢れてしまって、
        何がどこにあるのかがわからなくなる場合もあります。


        一つ新しいものを手に入れる場合は、一つ無駄なものを捨てる。

        一つから始めてみるのはどうでしょうか。

        いきなりすべて捨てるのは無理です。

        しかし、一つならできるかもしれません。


        足し算を考えたら、引き算も考えてみる。

        新しいものを入手するまえに無駄なものを捨てる。

        すこしづつ引き算を考えてみましょう。

        ◆『成功するための目標達成術』
        http://www.syouri.biz/mokuhyou/
        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

        責任感のうそ

        0
          責任感のうそ 著 者: 岡村 滋臣

          あなたは責任感は強いほうですか?

          また無責任な人をどう思いますか?

          社会一般的には、家族や社会や会社が

          期待することをきちんとするのが

          責任だとは教えられてきませんでしたか?

          しかし、ソースでは

          人がとるべき責任ある行動はただひとつ

          自分が心からしたいことをすることである。

          それが人生でもっとも責任ある行動であり、

          その人が負う最高の責任である。

          と言っています。

          これを聞いてあなたは

          これって、無責任じゃあないの

          そんなことじゃあ生活できないよ

          などと思われるかも知れませんね。

          最初に書いたように

          家族、社会、会社の期待することでは

          ないかもしれません。

          だから社会的にはこうした考えは受け入れらようとしないのです。

          でも家族、社会、会社の期待することって

          あなたにとって

          本当の自分の人生と言えるでしょうか。

          こういった社会通念のせいで

          子供のころから好きだったことを諦めてまでも、

          生来のワクワクを生かすことができなくても

          仕方ないことなのでしょうか?

          それが大人になるということなのでしょうか?

          この社会通念の責任感とは

          逆に罪悪感に基づいているのではないでしょうか

          家族、社会、会社の期待することをしないと

          誰からも好かれないのでは?

          人を怒らせてしまうのでは?

          お金が稼げないのでは?

          まさに罪悪感、恐れの感情だと思います。

          社会通念の責任感と

          ソースの責任感

          のどちらがあなたの人生を豊かにしてくれるか

          一度考えてみるのもいいかもしれませんね。


          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

          発行者     岡村 滋臣(ソーストレーナー名 TAROHSUN)

          ブログ名    ワクワクで行こう夢実現の成功法則「ソース」

          URL      http://source-tarohsun.com/

          Twitter http://twitter.com/nobohru

          ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
          アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

          読みたい本がないときは

          0
            読みたい本がないときは 著 者: 鈴木勝利

            あなたは本を読む方ですか?

            例えば、欲しい本、読みたいと思った本があったとします。

            人から話を聞いて読んでみたいと思ったり、
            読んだ本の中に書かれていた本で見てみたいと思ったりしたとします。

            しかし既に絶版になっていて、本屋に売っていない。
            アマゾンでも手に入らない。

            その他のネットで検索してもどこからも買えない。

            こんなときどうしますか?諦めますか?


            私は本屋で手に入らないが、どうしても読みたい本が
            あるときは図書館を利用しています。

            今はネットで検索すれば、いろいろな情報を入手できるので
            図書館を利用することは少なくなっていないでしょうか。

            自分の家の近くの図書館に行って探してみます。

            その図書館にもない場合、図書館に依頼すれば、
            探してもらえます。


            東京の他の図書館にないか。

            なければ他の県の図書館にないか。

            どうしても見つけらなければ国会図書館から取り寄せて
            くれます。

            国会図書館には必ず出版された本はあります。

            国会図書館から取り寄せた場合は自宅に持ち帰ることは
            できません。

            しかし、どうしても見たい本はみることができます。


            また、読みたい本があった場合、まず図書館で借りて読んでみる。

            読んでみてから何度も読みたいと思ったら買う。

            このような活用もできますね。


            無料で利用できるので、あなたの自宅や職場の近くの図書館があれば、
            利用してみてはどうでしょうか。

            『成功するための目標達成術』
            http://www.syouri.biz/mokuhyou/
            アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

            言葉を置き換えると、前向きで積極的になれる!

            0
              言葉を置き換えると、前向きで積極的になれる! 著 者: アポイント.com ハヤシ

              「意識が変わると行動が変わる!」
              よく言われる言葉ですよね?

              これを簡単にあなたが実感できる方法が
              あるのです。


              「え? でもハヤシさん、自分の意識なんて
              そう簡単には変わらないんじゃ・・・」

              ええ、その通りです。
              私たちの意識って、そんな簡単に変わるものでは
              ありませんよね。


              でも、あえて意識改革をしなければ今のあなたの
              生活、いえいえ人生が変わらないとしたならば
              いかがですか?


              多少の障壁があっても、改革していこう!!
              そんな勇気が出るものですよね?


              不思議ですね、人間は・・・。



              私がおススメするのは簡単なことです。

              これをするだけで、外の景色が変わってみえたり
              人の顔がやさしく見えて来るかもしれませんよ。

              是非実践されてみてください。^^


              それは・・・



              あなたが抱えている「問題」

              おそらく一杯あるでしょう。

              仕事の問題
              会社の問題
              家族の問題
              借金の問題などなど・・・


              きりがないくらいの問題を抱えているかも
              知れませんね。


              あなたはそれがストレスで「・・・は問題だな〜〜」
              などといつも悩んでいませんか?


              私はこれを「チャレンジ」に置き換えることに
              しています。


              仕事にチャレンジ!
              会社にチャレンジ!
              家族にチャレンジ!
              借金解決にチャレンジ!!



              言葉を変えることだけです。


              これで何が変わるのかって?
              試してみれば分かりますよ。

              ぜひあなたも試してみてください。


              最初は何も分からないかもしれませんが
              口癖になるくらいまでいくと、徐々に
              物事に前向きに取り組めるようになります。


              対処する行動が早くなります!
              解決に向かうスピードがアップします。


              私はネット起業しましたが、これと一緒です!
              前向きに捕らえて逃げずに取り組む!



              「問題」って思う対象を「チャレンジ」対象に変えただけで
              物事の捉え方が変わります。


              こういうプラスにつながる置き換えは有効です!

              いろいろ探していくと、自分がプラスで行動できる
              力のある言葉に置き換えられる言葉はもっと見つかるはずです。


              本当にちょっとしたところで、大きな差がつく
              ものだと思っています。


              今回は、言葉の置き換えだけでも、これだけの
              行動の差が出るのだということを知ってください。



              積極的な心構え・・・
              この態度こそが、良い結果を導いてくれます。



              試してみて初めて実感できるのです。
              さあ、あなたもさっそく試してみてください。^^




              アポイント.com ハヤシ
              http://www.e-appoint.com/
              アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

              見切り発車オーライ

              0
                見切り発車オーライ 著 者: 荒井一浩

                私の知っているコピーライター。

                今、一緒に仕事していますが、この人の考えは、


                「商品やサービスができる前に営業をかけている」


                これとっても重要ですね。


                ■計画なんて変わるのは当たり前

                もちろんビジネスをするにはあらかじめ計画を立てる必要があります。


                しかし・・・

                そればっかりに集中して先に進めない人も多いのも事実。

                私もかつてそうでしたからよく分かる・・・


                そして計画を立てたとしても、


                ・そのとおりに進まない

                ・計画変更を余儀なくされる


                つまり、最初に立てた計画が変わってしまうのは当然なんですね。

                私は以前、ソフトウェア関係の会社にいたから分かりますが、


                ・この機能は計画に入っていたけど、思うように実現できないから商品からは落とす

                ・お客さんからこういう要望があったから、計画にない機能を盛り込む


                そんなのザラでしたね。


                これはどんな業種でも一緒のハズ。

                計画が変わって当たり前なんだから重要なことは、


                「走りながら修正、追加、削除する」


                ということ。


                ■アクショントリガーの法則

                これは元々、銃を撃つときに使われるコトバ。

                銃を撃つときには、


                構える→狙う→撃つ


                英語だと、


                Ready→Aim→Fire


                というみたいです。
                (英語・・・よく分からないので・・・)


                私は本物の銃を撃ったことはありませんが、初心者は撃つまでにどうしても時間がかかるみたい。

                とにかく的を狙って構えて、構えて、構えて・・・撃てない。

                怖いのと狙いを外しちゃイケナイというのが起きるんですね。

                でも、撃たなきゃ何も始まらない。

                つまり、ビジネスでは計画ばかりでその先の行動に移せないということ。


                ところが、行動派の人は、先ほどのアクショントリガーに当てはめると、


                構える→撃つ→狙う


                つまり、行動をしてから計画を変更していくのが基本。

                最初の話に戻り私の知り合いのコピーライターもこれですね。


                「モノはないけど先に走り、取りあえず後からモノを作る」


                そのモノを作るうちの1人が私。

                でも刺激的でワクワクする内容なんで、実績を作るうえでもチャレンジしてみたいですね。

                私もそういう意味では性格が変わり始め、


                構える→狙う→撃つ


                から、


                構える→撃つ→狙う


                になっている気がします。


                ■あなたはどっち派?

                ちなみに、


                構える→狙う→撃つ

                構える→撃つ→狙う


                のどっちがよくて、どっちが悪いというのはありません。

                ただし、行動はしたくても進めない人の場合には、どこかで、


                構える→撃つ→狙う


                に切り替えないとイケマセン。


                「それは分かっていてもできないから困っている・・・」


                きっとそう思っているハズ。

                私もかつてはそうでした・・・

                でも、私はコレのおかげで、以前よりも積極的に行動することができました。


                あなたのセルフイメージを書き換える方法

                https://www.drmaltz.jp/OG/report/index_b.php


                実は、あなたの行動を阻害しているのは、あなたが親や先生から植えつけられた考えが原因。

                そう・・・あなたの心の内面の問題。


                「外見がこうだから、自分はこういう人間なんだ」


                ではなく、


                「内面がこうだから、自分はこういう人間なんだ」


                と決めつけてしまっているんですね。

                その内面のセルフイメージを書き換えない限りは、どうやってもうまくいかないのです。

                いくらポジティブ思考で考えても、うまく行かないのは、それは外見を変えようとして、心の内面のセルフイメージが変わっていないから。

                そう・・・美容や健康のおなじみフレーズでよくある、


                「体の内側からキレイになる」


                そうならないと本当のキレイな人にはなれないのです。

                私は3か月ほど前から、セルフイメージを書き換え始め、


                ・考え方

                ・行動


                を大きく変えることに成功したのです。


                あなたのセルフイメージを書き換える方法

                https://www.drmaltz.jp/OG/report/index_b.php


                行動に移すことができずに、迷っていたら・・・このレポートを読んでみてくださいね。
                ----------
                メールマガジン:ダイレクトレスポンスマーケティング
                発行責任者:荒井一浩
                ホームページアドレス:http://directresponsemarketing.jp/
                facebook:http://www.facebook.com/salescopywriting
                twitter:http://twitter.com/arai_kazuhiro
                メールアドレス:info○○directresponsemarketing.jp(○○を@に置き換えてください)
                アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                落ち込んだ時には

                0
                  落ち込んだ時には 著 者: 岡村 滋臣

                  あなたは落ち込むことってありますか?

                  人間ですから人生うまくいかないことも多々出てくるので
                  落ち込むことは誰にもよくあることです。

                  もちろん、わたしもそうです。

                  特に顔晴っているのに成果が出ないという事があります。

                  例えば毎日5キロ走ってるのに痩せない!
                  毎日1000回素振りをしてるけど試合では打てない!

                  など成果が出ないとつらいものです。

                  でもそれらにひとつひとつ反応してしまって、
                  手を止める事が一番怖いことではないでしょうか。

                  「なんでうまくいかないんだ?」

                  「私が悪いのか?」

                  「そもそもこんなやり方でうまく行っている人がいるだろうか?」

                  成果が出ないときには、気持も後ろ向きになり
                  また誰かや何かを責めたりもします。

                  うまくいかないことを後悔したり思い悩んだりする事に
                  時間とエネルギーを使ってしまいがちです。

                  でもそんなことは今すぐ止めましょう。

                  なぜなら、後悔したり思い悩んでいても、
                  成果が出るわけではないからです。

                  それよりも手を動かすことです。頭を動かすことです。

                  先日10年連続200本安打を打ったイチローも
                  偉大な記録の陰では、地道な練習、誰でも出来る
                  コツコツとした練習の繰り返しなのです。

                  打てないからと言って、こんな練習は無駄だ!
                  と言って辞めていないのです。

                  目標を立て、計画を練り、そして自分で決めたことをただ淡々と、
                  コツコツとこなしていっただけなのです。

                  それが10年連続200本安打という成果になったのです。

                  私たちも同じように目標を立て、計画を練り、
                  そして自分で決めたことをただ淡々と、
                  コツコツとこなしていくのです。

                  そうすることで、成果が必ず出てきます。

                  成果が出ると人はうれしくなります。

                  また顔晴ろう、もっと楽しもう、次は別のやり方も試してみよう、
                  などワクワクした気持ちにもなるものです。

                  うまくいかないときこそ思い悩んでばかりいないで
                  自分を信じてコツコツと顔晴って行きましょう!

                  -------------------------------------------------------
                  ■ 「ユダヤ人大富豪の教え」「幸せな小金持ち」シリーズの
                   著者で有名な本田健さんもお勧め!
                   ソースセミナー(発見編)を開催します!

                   詳しくはこちらから
                   http://source-tarohsun.com/seminer

                  -------------------------------------------------------

                  発行者     岡村 滋臣(ソーストレーナー名 TAROHSUN)

                  ブログ     http://source-tarohsun.com/
                  アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                  苦手な人に対して

                  0
                    苦手な人に対して 著 者: 鈴木勝利

                    だれでも苦手な人はいると思います。
                    考えるだけで嫌な気分になることはありますよね。

                    そんな場合どうすれば気分を和らげることができるか?

                    昨日はあることをやってみました。


                    朝、苦手な人をイメージしてから
                    出勤してみました。


                    するとその日に限って、そのイメージした人と何回も
                    顔を合わせてしまうことが起こったのです。


                    以前、いっしょに仕事をしたことがあり、
                    そのときに合わないと感じて苦手に思っています。

                    今は同じフロアにいますが、
                    部署も違い、いっしょに仕事することもないので、
                    1日まったく顔を合わせない日がほとんどです。


                    ところが、昨日は、

                    ・エレベーターに乗るとその人が乗ってきた
                    ・お昼に食堂では、すぐ近くに座っていた
                    ・トイレに行くとその人がいた

                    何回も顔を合わせる事がありました。


                    苦手な人と顔を合わせるので最初、ドキッとしますが、
                    ある方法で気分を和らげることができます。

                    朝イメージするときにその人を苦手だという意識を
                    脇におくようにします。


                    その人に対して、すばらしい人だと思うように
                    するだけです。

                    実際に会ってしまったときも、最初は嫌な気分が
                    出てくるでしょう。

                    まったく、苦手意識が無くなることは難しいと思いますが、
                    少しイメージするだけで違います。

                    会う前にイメージしたことをその場でもイメージ
                    することです。


                    苦手な人に会わなければならないようなときは
                    出かけるまえにその人に対して苦手な意識を
                    手放して本当は良い人なのだと思うだけでも
                    違ってくると思います。

                    興味があれば、試してみてください。

                    ◆『成功するための目標達成術』
                    http://www.syouri.biz/mokuhyou/
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                    苦しい時ほどチャンス

                    0
                      苦しい時ほどチャンス 著 者: 河内 聡嗣

                      -------------------------------------------------------------------------------------------
                      苦しければ苦しいほど、自分が成長するチャンスがきたとワ
                      クワクする。
                      高橋尚子
                      --------------------------------------------------------------------------------------------

                      これは北海道で行われた利尻島一周悠遊覧人G(ゆうゆうラン
                      ニング)に、参加していた女性ランナーが女子マラソン金メ
                      ダリストの高橋尚子さんに

                      「苦しい時は何を考えて走っていますか?」

                      という質問に答えたものです。


                      明るく、優しい笑顔がとても印象的な彼女ですが、内面的に
                      強い人だということが伝わってくる力強い言葉です。


                      シドニーオリンピックでは頂点に昇りつめた彼女も2009
                      年の名古屋国際女マラソンの惨敗後のインタヴューが物議を
                      かもしました。


                      手術をしていたことを公表したことが「負けた理由にする
                      な」などと批判されたものです。


                      多くのアスリート同様、彼女も決して順風満帆なランナー人
                      生を送っていたわけではありません。

                      人前ではいつも笑顔でも一人になると苦しみ抜き、涙も流し
                      ただろう。


                      と私は想像をするのです。

                      しかし、どんなに苦境に立っても常に笑顔。

                      そこが高橋尚子さんのすごさです


                      この質問をした女性はこの言葉を胸に秘め、61歳でありな
                      がらサロマ湖(北海道)100キロマラソンを今年完走した
                      そうです。

                      きっっと勇気と元気を貰ったのでしょう。


                      辞めようと思って暗闇にいた私だけど、
                      夢を持っていれば光が見える。
                      それを支えてくれた人に伝えたい。

                      これも高橋尚子さんの言葉です。


                      今がどんなに苦しい時でも、夢を諦めない。

                      諦めなければ、必ず暗闇に光が差してくるのです。

                      苦しければ苦しいほど、自分が成長するチャンスがきたとワ
                      クワクする。

                      そんな心境になれる強い心をもちたいものです。
                      ================================================
                      『読めば即効!元気が出る言葉』

                      http://kotoba.riverinside.com/

                      ================================================
                      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                      興味があることはとにかくやってみる

                      0
                        興味があることはとにかくやってみる 著 者: 岡村 滋臣

                        あなたは興味のあることは
                        すぐにやってしまうほうですか?

                        私はどちらかというとすぐにやりたがる
                        新し物好きですね(笑)

                        「初めての経験をすると脳は刺激を受けて若がえる」
                        ということを聞いたことはありませんか?

                        作家で、医学博士の米山公啓氏が言った言葉です。

                        生活習慣のなかで、手軽に行える能力トレーニングとして
                        初めての経験をする事を提唱されています。

                        脳に刺激を与えるには、好奇心が重要とのこと。
                        とりあえず、興味のあることはやってみると良いそうです。

                        それをして、「つまらない」「無理だ」と
                        思うこともあるかもしれないが、
                        それも経験。何をしても懲りない脳が大切とのこと。

                        向いてないと思ったら辞めてもいい。
                        新たな、もっと面白そうなことを見つけ、
                        挑戦してみる。

                        その行動力が、結果として脳の活性化に繋がるとのこと。

                        以前はすぐに物事を辞めてばかりの私でしたが、
                        結果として、脳は活性化されていたわけですね(笑)

                        すぐに辞めることに賛否両論あるところでしょうが、
                        何もしないよりはいいのではないでしょうか。

                        まずはやってみるというところは大事ではないでしょうか。

                        -------------------------------------------------

                        ■あなたのご質問・ご感想をお待ちしています。
                        メルマガで聞きたいことも教えてくださいね

                        お問い合わせはこちらから
                        http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P59798708

                        ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

                        発行者     岡村 滋臣(ソーストレーナー名 TAROHSUN)

                        メールアドレス tarohsun61@gmail.com

                        ブログ     http://source-tarohsun.com/

                        ツイッター   http://twitter.com/tarohsun

                        メルマガ    http://dream-giver.info/merumaga/index.html

                        ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                        << | 2/27PAGES | >>

                        PR

                        無料メルマガ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM