スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.01 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    パソコン 履歴の削除

    0
      履歴の削除 著 者: 黒田

      を使うと、システムが使用作業を自動的に記録する機能があります。この使用履歴によって、ユーザの便利を図って、より高速にパソコンを使用できます。けれど、履歴データは個人的なものが多かったため、履歴データからプライバシーを漏らす恐れがあります。プライバシーを保護するには履歴の削除を行います。

      プライバシーに関わる履歴
      「スタート」メニューの中の「最近使ったファイル」などいろいろな履歴や、テンポラリとエクスプローラーのキャッシュファイルや、検査履歴や、そして、IEクッキーの履歴などがプライバシーを漏らす情報源となります。

      履歴の削除
      使用履歴と言っても、パソコン履歴とインタネット履歴、二つあります。別々のセクションによって記録するので、履歴の削除作業も二つ別れて行います。
      まず、インタネット履歴の削除
      IE起動→「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」のタブ→「ファイルの削除」と「クッキーの削除」をクリック→履歴の削除を確認→IE再起動

      みんな知ってる通り、履歴ファイルの容量が肥大な時、以上の手順を行っても、すべての履歴を削除できません。そして、パソコン使用履歴は手動で削除するには手間がかかりすぎます。この場合、ワイズクリーナーのRegistry Winnerの機能を利用して、閲覧履歴をきれいにしましょう。
      1、 Registry Winnerを導入し、起動
      2、 「スキャン&クリーナー」をクリック
      3、 「痕跡・履歴クリーナー」から、検索対象を選ぶ(例:「Windowsキャッシュと履歴」、「インターネット閲覧履歴」等々)
      4、 「スキャン」ボタンをクリック
      5、 スキャン結果が出ると、「全部削除」をクリック
      6、 Registry Winner終了、Windows再起動
      Registry Winnerは高度な検索エンジンにより、精確に閲覧履歴、Windows Media Playerの履歴、テンポラリなどの履歴データを見つけ出し、きれいに削除することができます。履歴の削除を実行済、パソコンがまるで誰も使っていない状態に戻ります。ページ開くと自動ログインに困っていますか、エンジン検査欄に記録された文字を削除したいですか。プライバシーを尊重している方なら、ぜひRegistry Winnerを使って、閲覧の削除をしましょう。
      詳しい情報はこちら:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.01 Monday
        • -
        • 20:36
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        無料メルマガ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM