広告

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ 驚異の雑穀 アマランサスについて | 日記

驚異の雑穀 アマランサスについて

0
    驚異の雑穀 アマランサスについて 著 者: 佐久間 浩之

    南米を原産とするアマランサスは、

    種子を穀物として食べるヒユ科の植物です。

    そのすぐれた栄養価と栽培のしやすさから、

    “驚異の穀物”(スーパーグレイン)と呼ばれ、

    今日まで多くの人々に食されています。


    粉末にしたものをパンに混ぜて食べたり、

    白米に10%ほど混ぜてご飯として食べたり、

    粒のままお粥のようにして食べられています。


    タンパク質が穀類のなかでひときわ多く、

    含有量は玄米に比べて約2倍、

    これは穀物の中でもタンパク質の多いソバをしのいでいます。


    また、繊維質は白米の15倍、カルシウムは30倍、

    鉄分はなんと50倍も含んでおり、

    現代食では不足しがちなミネラル分が多いです。


    さらに、疲労をすばやく回復させる

    アミノ酸の1つ“リジン”の含有量は、

    “畑の肉”と称される大豆に匹敵します。


    同じく必須アミノ酸で、脂肪の分解やデトックス効果のある

    “メチオニン”の含有量も、ほかの穀類より数段上です。

    “メチオニン”は強力な抗酸化力があり、

    毒性を持った物質や、活性酸素から体を守ります。

    また、脳が誤ったメッセージを伝える原因されている

    “ヒスタミン”という物質の血中濃度を下げるため、

    分裂病など精神性疾患の改善にも役立ちます。


    他にも、神経の伝達物質を正常化させ、

    精神の安定に効果的な“フェニルアラニン”も含まれています。

    “フェニルアラニン”は、慢性的な痛み、

    リウマチや関節痛などに対する鎮痛効果、

    うつにも効果があることが認められています。

    また、この物質は体内に入ると、

    興奮性の神経伝達物質“ドーパミン”に転換され、

    鋭敏さとバイタリティーを生み出します。


    このようにアマランサスは、ビタミンやミネラルのほか、

    一般の穀類にはあまり含まれていない

    薬理効果の高い成分も含まれており、

    今日、健康食材として世界的に注目されています。


    ちなみに観賞用や野菜用のアマランサスもあり、

    葉には多くのタンパク質を含んでいるため、

    “熱帯のホウレンソウ”とも言われています。


    また、高山気候を持つ冷涼な場所で育つため、

    日本では秋田県や岩手県で、

    アマランサスの無農薬栽培がなされています。

    +…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―+
    発行者:佐久間 浩之
    サイト:フーディン 〜おいしいグルメライフをサポート〜
    URL:http://home.h00.itscom.net/foodin/
    ページ:http://home.h00.itscom.net/foodin/CCP054.html
    +―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…―…+
    ※ページの内容は季節により異なる場合がございます。
      ご了承くださいませ。
    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.22 Saturday
      • -
      • 22:07
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      無料メルマガ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM