広告

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ 飲むための手引きを考える | 日記

飲むための手引きを考える

0
    飲むための手引きを考える 著 者: 中山 舞子

    全体として、アメリカ人が1日の摂取カロリーの約35%を飲むことにより摂取していることはご存知でしたか?そうした人々はコーラ、オレンジジュース、クールエードのような飲み物で貴重な胃のスペースに負荷をかけすぎているのでしょうか?
    貴方が飲むことで肥満への道を進む多くの人々の1人であるなら、幸いなことに、すぐに痩せることができるオプションがあります。すなわち、糖分を含む飲料を飲むことをやめるのです!食習慣においてそれさえ変えれば、かなりの量の体重がすぐに落ちるでしょう。
    1日を通して甘い飲み物を飲む代わりに、渇きを潤す他の飲み物に変えてみましょう。その結果、より健康的な食事となり、強い歯、より細身のウエストが手に入れられるでしょう!
    茶−砂糖の入った茶を飲まなければ、これが1日を通して元気を与えてくれる飲料となるでしょう。ホットでもアイスでもいいです。茶はノンカロリーですし、ある種の茶(緑茶や白茶)は代謝の活性化速度を上げることが知られています。
    コーヒー−これは水分補給のためではなく、カフェインを摂取する必要があるのであれば、コーラやマウンテンデューよりも良いということです。カロリーを測る上ではブラックコーヒーが明らかにベストですが、もしクリームや砂糖を入れるのであれば、スキムミルクやノンカロリーの甘味料を使うようにしましょう。
    ダイエットソーダ−ダイエットソーダが良いとはっきりとは言いませんが、体重を落とそうとするのであれば(あるいは、少なくとも体重を観察するのであれば)、普通のソーダよりは明らかに良いでしょう。
    ソーダ水、セルツァ水(炭酸水)−ソーダ水を用いて、自分の風味を加えて、貴方自身の“ソーダ”を作ることを基本にしましょう。どちらとも別れたくないのであれば、これは1日にちょっとしたジュースを得る良い方法でもあります。1杯のセルツァ水に100%フルーツジュースを少し加えるだけで、低カロリーのグラスに甘い味と欲しかった炭酸が得られるのです!
    そして最後に大事なこととして、水があります。のどが渇いたときはいつでも水を飲む習慣をつければ、飲むということに関してはとても健康的となるでしょう。水は水分補給に役立ち、体内の毒を排出し、乾きを癒してくれます。水は病気を治し、代謝を促進し、体重を減少させ、エネルギーを与え、幸福感を感じさせてくれる、といった万能薬として知られています。そう、水はこれほどまでの力をもつのです。
    次回歯をだめにする、胃を満たす、代謝を遅らせる飲料を飲もうとする際には、代わりに低カロリー、あるいはノンカロリーの飲料を飲むことを考えてみてください。これこそが、1日を通して賢く飲む方法です!
    ダイエットや健康に関する詳しいことはこちらをクリック
    http://jp.pro-medics.com/diet-pills/

    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/
    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.11 Tuesday
      • -
      • 06:03
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      無料メルマガ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM