スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.07.01 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    大地震予知 プラスイオン マイナス電子 に注目する研究

    0
      大地震予知 プラスイオン マイナス電子 に注目する研究です。マグニチュード9の巨大地震を予知できていたなら。地震から逃れられない日本の願いは、高まっています。神奈川工科大学にある研究室では、地震予知につながるあらゆる前兆現象を研究してきたということです。猫にナマズなど色々とです。何かどこかで聞いた事のある話ですね。いま、注目しているのが上空にあったという話です。地震調査委員長の委員長は「要するに見抜けなかった」と述べて、予知のスペシャリストが敗北を認めた大地震でした。そんな中で、神奈川工科大学の矢田教授は、空に生まれる「プラスイオン」に注目しています。仮説によると、地震発生前、地中には亀裂が生まれ、「ラドン」というガスが放出される。このガスは、大気中に多くのプラスイオンを発生させるという。このイオンを測定器を使って調べるという方法で特徴をつかむようです。プラスイオンに注目する一方、「マイナスの電子」に注目する研究者もいる。 北海道大学大学院の日置幸介(へき・こうすけ)教授は、「東北の地震の場合は、約40分ほど前から異常が始まっている」と語ったということです。いつどこで起きるか分からない地震です。新たな予知法を探る研究は続いているということです。(FNNニュース)前兆?イオンに異常 空気で掴め地震予知

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.07.01 Monday
        • -
        • 13:00
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        無料メルマガ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM