Windows 高速XP

0
    高速XP 著 者: 野田 葵

    「なんか最近Windows XPが極端に重く感じる」、「XPはどんどん遅くなって困る」、「急用な仕事が入った時期XP不調」などの境遇に遭ったことがあります。誰でも望んでいる高速XPを実現させる方法が今から説明します。
    高速XPになる
    1、XPを終了する前にお掃除すること
    ページ閲覧や、Windows操作などによって、XPが自動的にキャッシュ、不要ファイルを作成及び保存します。けれど、XPはたまっていく不要ファイルを自動処理できないため、定期的に手動削除を行うのは高速XPになる手段の一つであります。

    2、定期的にデフラグすること
    大量なデータ処理を頻繁に行うと、ディスク断片化し、XPの処理量を増やせます。すると、XPが重く感じられます。

    3、ソフト導入先に慎重に選ぶこと
    ソフトウェアを導入するとき、必ずCドライブにインストールするとは限りません。普通なユーティリティツールなら、別のドライブにインストールしても、使用には変わりがありません。

    4、Cドライブの空き容量を30%以上確保
    Windows XPが動作するために、Cドライブが30%以上の空き容量を必要とします。

    5、レジストリ削除すること
    レジストリはXP動作スピートに関わっていて、肥大化レジストリを削除することで、高速XPを実現させます。

    6、確認済でアプリケーションの更新を行う
    アプリケーションの更新はディスクスペースを消費することと、不具合起こすことになる可能があります。

    高速XPをキープする
    機能全面なRegistry Winnerを使って、 XP動作が何時までも高速な状態をキープします。Registry Winnerは不要なファイルを見つけ出してきれいに削除できる便利なソフトウェアです。アプリケーションを管理する機能を用いて、ソフトウェアのアンインストールと復元が簡単にできます。PC最適化機能を実行すると、パソコンパフォーマンスを上がることができます。そして、Registry Winnerはレジストリに対して、専門的に対策できます。パソコン安全のため、アップアップとアップデート機能も含まれています。一つRegistry Winnerを使用になると、多数のツールを導入する必要がありません。

    早速高速XPに:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

    ハードディスク 領域不足

    0
      領域不足 著 者: 柳

      「領域不足」というメッセージが表示されることはありますか。大した容量を占めるデータをダウンロードしていませんが、なぜかディスク領域が少なくなったんでしょう。などの問題に困っていますか。これから、領域不足問題に対して最も効果的な解消法を探りましょう。

      コンピュータはディスクの空き領域は殆どない時、下記のような「ディスク領域不足」メッセージが表示されます。

      ドライブ drive のディスクの空き領域が少なくなっています。古いファイルや不要なファイルを削除してドライブの領域を空けるには、ここをクリックしてください。

      ハードディスクの空き容量を増やせなければ、一定時間おきに表示されることになりますので、データの整理及びファイルの削除が必要とします。

      領域不足解消

      1、 ゴミ箱を空きにする
      まず、ゴミ箱中の不要なファイルを削除して、迷惑なメッセージの表示を止まることです。

      2、 キャッシュ、Tempファイルを削除する
      これらの不要ファイルはシステムの操作とともに作成されたもので、空き領域を確保するには定期的に削除をします。

      3、 アプリケーションをアンインストール
      領域不足のエラーメッセージは、重いプログラムの導入最中に表示される場合があります。プログラムをインストール済んでも、ディスクの空き領域は30%以上残ることを確認してから、プログラムのインストールを行ってください。そして、空き領域は大変減っている時、アプリケーションのアンインストールで危機を逃れることができます。

      4、 ディスク上の重複、使用済み、旧バップアップデータを削除する
      パソコンはよく使用になられますが、データの整理も忘れてはいけません。大抵使用済みのセットアップファイルや昔作った復元ポイントなどゴミ箱に捨てても構いません。


      以上の作業に全部使える便利なツールを勧めます。それは、ディスククリーナーのRegistry Winnerです。


      Registry Winnerはディスク全体を検索することによって、システムに保存されたキャッシュ、Tempファイル、重複データなどを全部検出できます。「消去」のボタンをクリックすると、パソコンを一気に軽くします。そして、レジストリ削除機能が持つRegistry Winnerはプログラムの削除をより安全に行われます。一つ軽いツールで多数の機能より、領域不足を徹底に解消しましょう。
      もっと詳しい情報はこちら:
      http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

      ネットカフェ 道具を用意する

      0
        道具を用意する 著 者: 荒井一浩

        大阪のインターネットカフェポパイより


        今日は地元栃木を離れて大阪にいます。

        使い慣れた道具がいいですね。


        ■パソコン環境が変わるだけで

        普段は自宅にあるNECのノートパソコンで文章の作成などをしています。

        OSもWindowsではなくDebianというLinux。

        現在ネットカフェにあるパソコンはDELLのデスクトップパソコンでOSはWindows。


        とこんな感じですべてがバラバラ・・・

        私が午後これから会う人はMacユーザーが多数。


        そもそも何で大阪にいるのか?

        毎月月末恒例のコピーライターのセミナーに参加するためです。

        主催者含むMacユーザーは確か4人くらいと記憶。

        約10名の参加者中4名がMacユーザーですから、かなりのシェア率といってマチガイないですね。

        そんな中でLinuxユーザーは自信を持って私1人。

        このセミナー参加者10名のOSシェア率では、


        ・Windowsユーザーが50%

        ・Macユーザーが40%

        ・Linuxユーザーが10%


        とざっとこんな感じでしょうね。

        この中では意外とLinuxは検討している?

        というよりセミナーに参加している人数がそもそも少ないワケですから、あまり比較の参考にはならないですね。

        相変わらずLinuxユーザーは少ないですが、それと同時にいつかはMacユーザーにもなりたい今日この頃。


        ■Windowsユーザーでも・・・

        ネットカフェに来たら多少の違和感を感じるハズ。

        なぜなら、


        「普段使用しているパソコン環境と違うから」


        例えば漢字変換システム。

        自宅で使用しているパソコンでは、その人固有のクセや辞書が登録されている。

        なのですぐに目的の漢字などが表示されやすい。


        しかし、ネットカフェはそんなのはお構いなし・・・

        だから人によっては、違和感を覚えながら使うハズ。


        Windowsユーザー以外なら、なおさらのこと。

        とくに文章書きは、ちょっとした環境の変化、道具の違いなどにより、気分の乗り方も変わってきます。

        逆にそれが刺激になって違う視点から書けることも実際にはあります。


        が・・・やっぱり使い慣れない道具だと、慣れるまでにどうしても時間がかかります。

        また集中してやりたいときには、それらの理由から、なかなか波に乗らないことも・・・


        だから、あらかじめ使い慣れた道具を用意しておくことも重要かなと、ネットカフェを使って感じているのです。

        例えばUSBメモリーなどに、普段使用しているソフト類を入れておいて、ネットカフェのパソコンでそれをインストールするなど。

        ただ、ネットカフェによっては、そういうのを禁止しているところもあるかもしれないので注意は必要かもしれません。


        あなたが普段使用している道具とはどんなモノですか?
        ----------
        メールマガジン:ダイレクトレスポンスマーケティング
        発行責任者:荒井一浩
        ホームページアドレス:http://directresponsemarketing.jp/
        メールアドレス:info○○directresponsemarketing.jp(○○を@に置き換えてください)
        アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

        遅いパソコン高速化

        0
          遅いパソコン高速化 著 者: 野田 葵

          パソコンがなぜだんだん遅くなるんですか?お仕事も極端遅いパソコンに影響受けますか。遅いパソコンをどうすればいいですか?このサイトはパソコン初心者の方でも遅いパソコンを自分で高速化する方法を紹介します。
          遅いパソコンを高速化する三つの対策法
          一つ目、パソコンを掃除する
          遅いパソコンはだいたい容量不足となっています。ディスク空き容量が減ると、パソコン動作が遅くなります。パソコンを順調に作動するには15%以上の空き容量を確保するのが必要です。容量を確保するため、ファイルを減らしてください。
          パソコンを長く使うため、IEキャッシュや、一時ファイルや、閲覧履歴などの不要ファイルがたくさんたまっています。手動で不要ファイル削除する作業が細かいです。間違えないように確認してから削除作業をしてください。また、初心者の皆さんには不要ファイル削除できる便利なツールRegistry Winnerをすすめます。Registry Winnerを使って、不要ファイル削除作業を楽にできます。
          Registry Winnerをダウンロード、インストールして、起動する→「スキャン&クリーン」タブを選ぶ→「レジストリクリーナー」、「痕跡履歴クリーナー」と「不要アイテムクリーナー」の中から、やりたい機能をクリック→「スキャン」ボタンクリック→結果画面になったら、「除去」をクリック
          不要ファイル削除作業が完了してから、遅いパソコンを改善することができます。
          二つ目、デフラグする
          ディスク上で頻繁にデータを書き込むと移動するため、断片化されていることがパソコン動作が遅くなる理由となります。アプリケーションを起動する時間が長かったら、Registry Winnerでデフラグしましょう。
          Registry Winnerを起動→「PCの最適化」→「メモリの最適化」→高速にデフラグするなら、「高速デフラグ」をクリック、また完全デフラグしたいなら、「強制デフラグ」をクリック→作業完了すると、ツールを終了する
          「メモリの最適化」を実行して、Windowsが高速に作動し、パソコンのバフォマンスが上がることができます。
          三つ目、常駐ソフトの管理
          パソコンが作動だけではなく、起動も遅いだと感じますか。こういう場合は、まず常駐ソフトをチェックしてください。常駐ソフトにはあまり使わないソフトと不要なソフトが存在しますか。あるだとしたら、常駐ソフトリストから外して、遅い起動を高速化にします。
          機能全般なRegistry Winnerはスタートアップ管理機能も含まれています。
          同じく「PCの最適化」タブを選ぶ→「スタートアップの管理」をクリック→画面上の一覧から不要ソフトをチェック→「除去」
          この機能で外したプログラムがいつでも復元することができます。ご心配なく、操作してください。
          この三つの対策が済んだら、システムを再起動してから、元遅いパソコンが高速に作動することになります。定期的にRegistry Winnerを実行して、簡単にパソコンの高速作動をキープすることができます。

          今すぐパソコン高速化↓
          http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
          アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

          パソコン起動が遅いを解決する

          0
            起動遅いを解決する 著 者: 野田 葵

            パソコン起動が遅い問題に悩んでいますか?長い起動時間に困っていますか?
            今はもうそんなことを心配する必要がありません。これからは、パソコン起動遅い原因と解決法を紹介します。

            パソコン起動遅い原因と解決法
            いろいろな原因で、パソコン起動時間に影響を与えます。よくあるのは、PC起動と一緒に立ち上がる、MSN、検査エンジン、ウィルス対策ソフトなどの常駐プログラムが数多すぎたからです。これらの常駐ソフトに不要なソフトウエアがたくさん存在すると、パソコン起動が遅くなります。こういう場合は、不要な常駐ソフトを除去する必要があります。もし、常駐ソフトの除去法が分かない方には、Registry Winnerというソフトを推薦します。Registry Winnerをインストールした後、「PCの最適化」の「スタートアップの管理」機能をクリックしてください。界面に表示された一覧が常駐ソフトで、中の不要ソフトをチェックして、簡単に除去することができます。常駐ソフトを整理してから、パソコン起動が速くなれると思います。
            パソコン起動が遅くなる原因は他にもあります。例えば、パソコンがレジストリエラーとWindowsエラーの存在や、RAM量不足や、またプログラムとゴミファイルがたくさんたあったからです。Registry Winnerはこれらの問題を全部解決することができます。ソフトを実行し、「スキャン&クリーン」中の「レジストリクリーナー」、「不要アイテムクリーナー」と「ファイルの完全削除」三つの機能を使ってください。「レジストリクリーナー」は、レジストリエラーと不要ファイルを数分間で検出及び削除することができます。そして、ハードディスクの容量とRAM量を増やせて、パソコンの動作速くなります。
            ティップ:常駐ソフトの管理と空き容量の確保二つの手段でPC起動を高速化することができます。
            詳細ページ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
            アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

            パソコン 履歴の削除

            0
              履歴の削除 著 者: 黒田

              を使うと、システムが使用作業を自動的に記録する機能があります。この使用履歴によって、ユーザの便利を図って、より高速にパソコンを使用できます。けれど、履歴データは個人的なものが多かったため、履歴データからプライバシーを漏らす恐れがあります。プライバシーを保護するには履歴の削除を行います。

              プライバシーに関わる履歴
              「スタート」メニューの中の「最近使ったファイル」などいろいろな履歴や、テンポラリとエクスプローラーのキャッシュファイルや、検査履歴や、そして、IEクッキーの履歴などがプライバシーを漏らす情報源となります。

              履歴の削除
              使用履歴と言っても、パソコン履歴とインタネット履歴、二つあります。別々のセクションによって記録するので、履歴の削除作業も二つ別れて行います。
              まず、インタネット履歴の削除
              IE起動→「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」のタブ→「ファイルの削除」と「クッキーの削除」をクリック→履歴の削除を確認→IE再起動

              みんな知ってる通り、履歴ファイルの容量が肥大な時、以上の手順を行っても、すべての履歴を削除できません。そして、パソコン使用履歴は手動で削除するには手間がかかりすぎます。この場合、ワイズクリーナーのRegistry Winnerの機能を利用して、閲覧履歴をきれいにしましょう。
              1、 Registry Winnerを導入し、起動
              2、 「スキャン&クリーナー」をクリック
              3、 「痕跡・履歴クリーナー」から、検索対象を選ぶ(例:「Windowsキャッシュと履歴」、「インターネット閲覧履歴」等々)
              4、 「スキャン」ボタンをクリック
              5、 スキャン結果が出ると、「全部削除」をクリック
              6、 Registry Winner終了、Windows再起動
              Registry Winnerは高度な検索エンジンにより、精確に閲覧履歴、Windows Media Playerの履歴、テンポラリなどの履歴データを見つけ出し、きれいに削除することができます。履歴の削除を実行済、パソコンがまるで誰も使っていない状態に戻ります。ページ開くと自動ログインに困っていますか、エンジン検査欄に記録された文字を削除したいですか。プライバシーを尊重している方なら、ぜひRegistry Winnerを使って、閲覧の削除をしましょう。
              詳しい情報はこちら:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
              アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

              実行時エラー パソコン動作が重くなる

              0
                実行時エラー  著 者: 野田 葵

                実行時(runtime)エラーはプログラムが実行する時に発生するエラーであります。実行時エラーが発生する直前、パソコン動作が重くなると感じられます。実行時エラーの画面を閉じると、実行中のプログラムが強制的に終了する、また無反応となります。最悪の場合、システムを再起動する仕方がありません。

                実行時エラーが出る原因はいろいろです。
                他のプログラムが実行の最中
                ソフトウェアのバグ
                悪意目的が持つソフトウェアが実行する
                メモリ不足
                エラーの存在

                実行時エラー修復を行う
                他のプログラムと衝突が起きる時、実行時エラーが発生したプログラムを終了後、再起動します。そして、プログラムが実行時エラーが起きる前の状態に戻れます。ソフトウェアのバグが原因としてはソフトのアップデートを行った方がいいと思います。そして、システム内のウィルスの検索、またメモリ最適化もする必要があります。

                実行時エラー修復は簡単で、自分で手っ取り早く問題解決しよう!

                まず、実行時エラー修復できるRegistry Winnerをダウンロート、インストールして、起動します。

                そして、「スキャン&クリーン」タブを選んで、「レジストリクリーナー」をクリック、次「スキャン開始」をクリック、最後に問題点の一覧で「除去」をクリックすると、エラー削除を完了します。

                「PCの最適化」で、「メモリの最適化」の機能でメモリ容量を管理することと、ソフトウェアの管理することができます。すると、システム処理量を減らさせて、実行時エラーの発生を回避できます。

                また、Registry Winnerの「BHOの管理」機能は悪意なプラグインを削除することができます。

                全部の作業はRegistry Winnerの界面指示通りにすれば、マウスクリックで実行時エラーを修復することが完成させます。それに、パソコン作動も徐々に速くなっていきます。
                実行時エラー修復ツールについて、詳しい情報はこちらをご覧ください。
                http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                重いパソコンを速くする 不要ファイル削除

                0
                  不要ファイル削除 著 者: 野田 葵

                  パソコンは長く使うと、動作重くなりませんか。重いパソコンを速くするにはインストールされたけど、あまり使わないソフトウェアを削除すること、ディスクをデフラグすること、それともう一つ効果的な手段はパソコンにたまっていた不要ファイルを削除することです。
                  不要ファイルとは?
                  IEキャッシュあるいは閲覧履歴、またレジストリに記録されたシステム動作などのデータは、一度使ったら不要となったものです。一時的なものですが、システムが自動削除することはできません。パソコン作動が遅くと感じたら、まず、不要ファイルがたまっているかどうかチェックしてください。
                  不要ファイル削除
                  1、 IE閲覧履歴、キャッシュファイルと一時ファイルを削除する
                  IEを開く→「ツール」→「インタネット オプション」をクリック→「全般」タブ→「閲覧の履歴」項目にある「削除」をクリック→「すべて削除」をクッリク
                  一時ファイルを削除するには↓
                  「スタート」→「実行」をクッリク→「TEMP」を入力→「OK」のボタンをクッリク
                  この作業は不要ファイルを除去するだけではなく、個人情報も保護できます。
                  2、 ジャンクファイルを削除する
                  ディスク上に保存されたジャンクファイルは不要ファイルで、捜し出して削除する必要があります。ジャンクファイルの特徴はファイル拡張子にあります。*.tmp, *._mp, *.gid, *.chk, *.old, *.bakなどの拡張子がついているファイルはジャンクファイルです。
                  3、 無効なレジストリを削除する。
                  皆さん知ってる通り、レジストリに記録されたデータが肥大化すると、パソコン作動が遅くなります。ですから、順調にパソコンを使うため、定期的に無効なレジストリを削除するのは大事なことです。
                  不要ファイル削除する作業は細かくて、データをちゃんと分別した後削除するのを推薦します。そして、手動が面倒だと思う方にはオススメの不要ファイル削除ツールを教えます。機能全般なRegistry Winnerは以上三つの機能が全部含まれています。また、「ファイルの完全削除」の機能で削除できないデータを完全に削除することができます。それに、Registry Winnerには三つのパックアップ機能があって、削除作業後、何か不具合が起きたら、作業前に復元ポイントが作れば、すぐ元に戻れます。そして、全部の作業がマウスクリックで簡単に完了できます。

                  不要ファイルを一気に削除する
                  http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                  アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                  パソコンが重い 一時ファイルを削除する方法

                  0
                    一時ファイルを削除する方法 著 者: 野田 葵

                    パソコンがどんどん重くなって困りますか?原因はとこだと知りたいですか?それは、あなたのパソコンに一時ファイルが多く保存されていたからです。

                    一時ファイルとは?

                    ブラウザのハードディスクに記録されたページ コンテンツ、つまりキャッシュのことです。このキャッシュにより、ページ表示時間を短縮できるのですが、自動的に削除することができません。一時ファイルがたくさん溜まって、ハードディスク容量不足の原因になって、パソコン稼動が低速化になります。

                    一時ファイルを削除するには?

                    一時ファイルがネットサーフィンにより、自動的に作成したもののため、一時ファイルの発生は避けることができません。保存された量がパソコン作動に影響与えないように、定期的に一時ファイルをチェックして、削除する必要があります。

                    ファイル削除方法は二つあります。

                    まず、下記の方法に従って手動で削除します。
                    1、 IEを開いて、「ツール」→「インターネットオプション」をクリック。
                    2、 「全般」タブの「インターネット一時ファイル」の「ファイルの削除」をクリック。
                    3、 「すべてのオフラインコンテンツを削除する」にチェック入れてから「OK」をクリック。
                    4、 IEを再起動する。

                    もっと楽で素早く一時ファイルを削除する方法を試したいですか?

                     Registry Winnerを勧めます。Registry Winnerは先端的な一時ファイルを削除するツールで、数分間でハードディスクをスキャンして、一時ファイルを全部検出及び削除することができます。界面で智能な指導により、すべての作業がマウスクリックで完成できます。この軽いツールは、パソコン初心者にも、時間節約したい上級者にも応用できる最善な選択であります。何故なら、Registry Winnerは他のソフトウエアを比べて、より効果的で使いやすくてパソコン作動が早くなるのが確実です。今すぐフリーダウンロードして、早速一時ファイルをきれいに削除しよう。
                    詳細ページへ:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                    アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                    レジストリ最適化 Registry Winnerをダウンロード

                    0
                      レジストリ最適化 著 者: 野田 葵

                      まず、レジストリはどういうものか簡潔に説明しましょう。レジストリは主に小さいデータファイルを一つにまとめて記録します。使用者情報、プログラム作動情報、ソフトウェアのインストール情報、システム環境設定情報など、ハードディスク内に記録するデータベースであります。
                      パソコンの使用時間が長くなるとともに、レジストリは肥大化してパソコンの読み込み時間が長くなるため、Windowsの動作が遅くなります。つまり、レジストリはWindowsの動作に深く関わています。故、パソコンが安定に作動させられるのはレジストリ最適化の目的であります。
                      レジストリ最適化するには?
                      Windowsを長く使い、ソフトウエアのインストール、アンインストールしたり、システム設定を変更したりすることで、レジストリには不要なゴミ溜まってしまいます。これらの無効なエントリーや、不要な設定情報など削除せずに残ってしまうと、悪意なJavaスクリプトが自動的に実行するとか、最悪な場合、Windowsが作動できなくなることがあります。ですから、そんな状態にならないため、レジストリのゴミのお掃除を忘れてはいけません。けれど、レジストリを手動で最適化することは不可能なので、困っている方にレジストリクリーナーのRegistry Winnerをお勧めます。Registry Winnerは、ワイズなレジストリクリーナーで、素早くスキャンして全般的な診断および最適化を行うことができます。

                      早速Registry Winnerを使って、簡単なマウス作業でレジストリ最適化を実行する!
                      ステップ1
                      Registry Winnerをダウンロードし、インストールを行い、起動する。
                      ステップ2
                      次に、「スキャン&クリーン」のレジストリクリーナー機能を選んで、界面内の指示に従って、スキャンしたいアイテム(例:無効なショートカット、空のレジストリキー等々)をチェックしてから、スキャン開始ボタンをクリック。
                      ステップ3
                      高速なスキャン後、問題点の項目及びエラー数の一覧が表示されて、削除の対象にしない項目を指定したり、1クリックで全部修復することもできます。

                      たった3つのステップでレジストリ最適化することが完了です。Registry Winnerはレジストリ最適化だけではなく、多種類のバックアップ機能が含まれています。レジストリ最適化する前に、システムをバックアップするのがお勧めます。もし必要な情報が削除されてしまう、Windowsの動作が不安定になった場合、作成した復元ポイントをクリックすれば、最適化する前のシステムを取り戻すことができます。Registry Winnerを選んで、全般的な機能を用いて、レジストリを安全に最適化できます。
                      詳しい情報はこちら:http://www.newpccleaner.com/index-jp.html
                      アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

                      | 1/5PAGES | >>

                      PR

                      無料メルマガ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM