しじみ 肝臓

0
     しじみ 肝臓です。シジミは肝臓に良いようです。中国の薬学書には、シジミは、無毒、暴熱を去り、目を明らかにし、小便を利し、熱気、脚気、湿毒を下し、酒毒、目黄を解す、と書かれているようです。シジミはきわめて薬効の高い食材です。アルコールの暴飲などで破壊された肝細胞を再生させるには、良質なタンパク質の補給は不可欠です。8種類の必須アミノ酸が、バランスよく揃うことが良質なタンパク質の条件です。シジミは鶏卵に匹敵するほど、必須アミノ酸を理想的なバランスで含んでいます。低脂肪で消化・吸収もよくて、肝臓への負担が少ないのも良い理由です。シジミにはビタミンB群が豊富で、特にビタミンB12の含有量がレバー並みに多いのです。ビタミンB12は赤血球中のヘモグロビンの生成にかかわって、貧血を予防します。鉄やカルシウムも多く、これらが相乗的に働き肝機能を回復させ、肝臓を丈夫にしているのです。シジミで注目できるのは、貝類の旨み成分を形成しているアミノ酸のタウリンです。肝臓の重要な働きに胆汁の産生があります。タウリンは胆汁の主成分である胆汁酸の分泌を促進します。胆汁酸にはコレステロールを体外に排出させる働きがあるため、血中コレステロール値を低下させることが出来ます。過剰に投与しても正常値以下に低下させる作用はありませんので、副作用の心配もないのです。シジミの糖質はアサリより多く即効性の高いエネルギー源になるグリコーゲンが主体で各器官の疲労回復を早めます。シジミは煮ることで、ビタミンB群など主要成分が汁に移行しますので、みそ汁と一緒に食べましょう!

    | 1/1PAGES |

    PR

    無料メルマガ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM