社会福祉士 求人

0
     社会福祉士 求人情報です。社会福祉士は、社会福祉協議会、社会福祉施設、病院、在宅介護支援センターなどで相談援助業務にあたるので、そのような場所で求人があります。高齢化社会になって、民間企業での福祉事業が拡大してきているので、民間の福祉施設、シルバー産業などでの求人を探すといいでしょう。社会福祉士は公的機関で働いている人も多いようです。しかし、就職状況はかなり厳しいようです。地方自治体の福祉関係の職員になりたいのであれば、地方公務員試験の「行政」か「社会福祉」区分に合格する必要があります。試験は難関なので、試験勉強をしっかりとしておく必要があります。ちなみに東京都の場合I類に「福祉A」と「福祉C」の区分があるようですが、採用されたのはわずかです。毎年5〜7人程度と狭き門です。社会福祉士は資格がなくても仕事は出来ますが、専門職として確立しているので、将来的には実質的な業務独占状態になる可能性があるので、求人面においても資格を持っていることは大切です。

    社会福祉士 合格率

    0
       社会福祉士 合格率です。医療介護ニュースからです。社会福祉士の合格率は27.5%です。厚生労働省、3月15日、第22回社会福祉士国家試験の合格発表からです。社会福祉士国家試験の受験者数は4万3631人で、過去最高だった前回の4万6099人から2468人減少。合格者数は1万1989人で前回の1万3436人まら1447人減少。合格基準は2つの条件を満たさなければなりません。〜軻静150点に対し、得点84点以上の者。∋邯害別椶琉貮免除を受けた受験者は、総得点74点に対し、得点43点以上の者です。社会福祉士受験資格取得は、日本福祉大学のインターネット在宅学習が良いようです。卒業率は全国平均の約4倍ということです。ネットで資料請求してみて下さい!

      社会福祉士 受験資格 通信教育

      0
         社会福祉士 受験資格 通信教育情報です。社会福祉士とは、昭和62年5月の第108国会において制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。社会福祉士資格は、国家資格ですが石や弁護士のように「業務独占」の資格ではなく、「名称独占」の資格です。「名称独占」とは、資格を持たない者が、「社会福祉士」という名称を勝手に使用してはいけないということです。資格を持っていなければ、社会福祉の業務のつけないといういうことではないようです。sかい、資格を持っていれば、専門職の水準の高さを表すので、今後に有資格者が増加すれば、実質的な業務独占状態になることが考えられます。社会福祉士になるには、厚生労働大臣が指定した指定試験機関である(財)社会福祉振興・試験センタが実施する「社会福祉士国家試験」に合格しなければなりません。受験するためには、法律で定められた受験資格が必要です。(財)社会福祉振興・試験センターホームページで確認しましょう!

        | 1/1PAGES |

        PR

        無料メルマガ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM