スノータイヤ

0
    スノータイヤ情報です。タイヤの違い。タイヤはゴムで作られています。ゴムは冷えると硬くなります。スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)の一番の特徴が、冷えても硬くならない性質のゴムを使っていることです。通常のタイヤでは、滑りやすい雪道や凍結した道路ではあぶないのです。スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)は氷への引っかかりを増やすための工夫がされています。 ブロック一つ一つを小さくし、ブロックそのものも角の多い経常を採用しています。個々のブロックは、サイプと呼ばれる切れ目を入れて、サイプの角が雪面に食い込む構造です。アイスバーンでスリップするのは、氷とタイヤの間にできる水の膜の存在です。スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)は、ここに注目して、ゴムに無数の気泡を持たせ、その中に水を含ませたり、軽石の粉末をタイヤに混ぜて引っかかり性能をたかめたりと、様々な工夫がなされています。スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)は、雪のない場所でもそのまま使用できるので便利です。冬場はあらかじめ取り付けておいても、通常の路面を走行出来るのです。チェーンに比べて走行中の振動や騒音が少ないので快適に走れます。

    | 1/1PAGES |

    PR

    無料メルマガ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM