鏡開きとは

0
    鏡開きとは。鏡開き(かがみびらき)とは、正月に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、家族円満を願う行事です。むかしの武家では、具足に供えた具足餅を下げて雑煮にして食べ、刀柄(はつか)を祝うといいました。この武家の習慣が一般化したのが鏡開きです。刃物を使って餅を切るのは、切腹を連想させるので、手で割ったり・木槌で砕いたりします。女性が鏡台に鏡餅を「初顔」を祝うといい、二十日にかける縁語としました。鏡開きは、切る、割るという言葉を避け、開くという縁起の良い言葉を使うからです。鏡開きは1月20日に行われていましたが、徳川家光が亡くなったのが二十日であったために、この日を避けて1月11日に変更されて現在に至っているようです。 鏡開きを1月20日に行う地方もあります。京都では1月4日に行われます。

    | 1/1PAGES |

    PR

    無料メルマガ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM